February 01, 2006

野口嘉則さんの本発売キャンペーン中!

4534040199
申し遅れていました!
私の愛読しているブログ、野口嘉則さんの幸せ成功力を日増しに高めるEQノートの本が発売されました。
私は26日にアマゾンに手配済みであとでブログに告知しようと思っていたら。
うわぁぁぁ、なんと.....忘れていました。すみません。

期間中にアマゾンで買って
いただくと、2大特典をプレゼントがつきます!
アマゾン特典プレゼントキャンペーンのページ

しか~し、今日2月1日が期限なんです!
知らなかった方、すみません!
プレゼント欲しい方は、今日中にアマゾンでお願いします!

特典のうち1つを紹介すると、
ビデオ「望む人生を実現する鍵」(2,100円)を無料で見られます。
ちょうど30分のビデオで内容は見てのお楽しみだそうです(^_^)・・・特別ゲストも出演!

野口さんの紹介文をすこし掲載します。

こんにちは!
幸せ成功力コーチの野口嘉則です。

「幸せな成功」を目指す人の輪を広げたくて、コーチングと心理学と成功哲学の
エッセンスを紹介するブログを書き始めたのが、約1年前です。

「幸せ成功力を日増しに高めるEQコーチング」 というブログです。

たくさんの方が読みに来てくださるようになり、
人気ブログランキング(社会・経済全般部門)で、
ずっと1位をキープするまでになりました。

そして今回、ブログでは伝えきれなかった「体系的な手法」を、
1冊の書籍にまとめました。
それが、「幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」 です。

この本では、EQ能力と目標達成力を同時に高める「5つのステップ」を公開しました。
この5つのステップを踏んでいくことで、あなたの望む人生の実現が加速化します。

また、この「5つのステップ」を一度習得しておけば、
今後あなたが、「実現したいこと」や「達成したい目標」を見つけるたびに、
存分に使うことができます。

あなたにとって、最強の道具になるはずです。
この5つのステップは、無意識の中に潜む「心のブレーキ」を外すのにも
非常に効果的です。

次のような状態の原因になっているのが「心のブレーキ」です。

▲頑張っているのに結果が出ない

▲やるべきことはわかっているのに行動できない

▲成功したのに心が満たされない


「心のブレーキ」をはずすことで、以上のような状態から抜け出すことが
可能になります。
そして、ぜひ「幸せな成功」を実現していただきたいと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

January 12, 2006

鏡の法則を読んで

野口コーチの「鏡の法則」をアップして、そのときのエントリーに対してコメントが一件しかなかったものですから、てっきり「なぁ~んだ、私が思ってるほどみんな感動してくれね~んだ、いいさいいさ、そうそう私のひとり相撲さ!」とふて寝しようとしてたところだったのですが(冗談さ)、後から後から感動したというメールがくるわ、友人づてに友達がコピーを読んで号泣していたとか結構な反響がありました。

なかでもこのAさんはいちどもお会いしたことのない方なのですが、とても感動的なメールをいただきましたので、御本人の許可を得て、ここにほぼ全文を以下に掲載したいと思います。

*******************************************************************

一昨年から色々な試練に揉まれ、相当ポジティブで元気(自分で言うのも何ですが)な私ですが、さすがにへこたれておりました。
占い鑑定していただいたり、先祖のお墓参りに行ったり、ずっと行っていなかった大叔母の仏壇に手を合わせに行ったりしました。
まさに苦しいときの神頼みです。

私は霊感が強いとは思っていなかったのですが、不思議なことにお墓に行っても仏壇の前に座っても、号泣する自分がいたのです。
本当に自分の感情なのか信じられないほど嗚咽して、ごめんなさい、ごめんなさい、と泣き続けていました。
そして気がついたのです。私が試練を与えられたのは、先祖が私を呼んでいたのだ、と。

感謝することを思い出しなさい、と言っているのだ、と。
そして心から反省し、感謝したときに、小さなうれしい奇跡がたくさん起こりました。
そしてお墓に行っても涙は出なくなっていました。
何事も自分次第なのだと実感しました。

そんな訳で昨年はいわゆる大殺界にもかかわらず(笑)、大きなトラブルもなく、
いい一年だったな、と思うことができました。
いい一年だった、と感じたことは過去にあまりなく、自分でも驚いてしまいました。

ところが、年が明けるとすぐにイヤなことが起きたのです。
それは本当に些細なことから始まりました。
初詣でお守りをいただこうとしたとき、まったく気づかないうちに割り込みしていたみたいだったのです。
後ろにいた20代半ばくらいのカップルに
「おばさん、どいて!」と押しのけられたんです。
とっさにごめんなさい、と言ってどいたのですが、その後悲しくて悔しくて、
「自分に言ったんじゃない」と言い聞かせて気持ちをごまかしたのですが、
心に暗雲が立ち込めるのを消し去ることはできませんでした。

その翌日、会社で「Bさん」と声をかけられました。
Bさんとは私ではなく、かっぷくのいい同僚です。
たしかに年末からの仕事のストレスで体重がどんどん増えていくな、とは
思っていたのですが、
後姿はBさんと同じくらいだったのかと、かなりショックでした。
おばさんと言われたこと、太っているBさんと間違われたことにショックを受ける、
ということにもに落ち込んでしまいました。

そして決定的な衝突が起こりました。
メル友に送ったメールの内容を相手が勘違いして激怒し、大変な騒動になってしまったのです。
まったく身に覚えのないことでものすごい量の誹謗中傷メールがどんどん届くのです。

なるべく冷静に反論しなければ、と思って返信したのですが、さらに誤解がふくらみ、
私の言葉もどんどんきつくなっていきました。
その苦しみは体にも影響を及ぼし、胃がひっくり返りそうな痛みを覚え、
これ以上続けるとお互い傷つくだけだ、と、彼女のメールを拒否し、
私は逃げました。

そして一晩考えました。この騒動は私の心のどの部分の鏡なのだろう、と。
カズさんのブログにあった「鏡の法則」を読んで、涙したばかりだったのです。
たどり着いた答えは、私のなかにある人を蔑む心でした。
表ではいい顔をして、ウラで「あの人ったら…」と思ったり言ったりする私。

そんな自分は前からイヤだったのに、最近そんなことをよくしているな…と
思い当たりました。
だから容姿のことを言われたり、誤解され攻撃を受けることになったのでしょう。
今朝一番にメル友にお詫びのメールを送りました。
すると、もう一人の友人から
「彼女から、誤解して感情的にひどいメール送ってごめんなさい、って
伝えてください、って言われたよ」…!
自分の非を認めたとたんです。
苦しみに凍てついた心が溶けて、春の陽射しを浴びるように暖かくなっていくのが分かりました。

日課であるパソコンチェックをする余裕もできて、カズさんのブログを拝見しました。

2006年の開運テーマを読んで、苦笑いです。
私にも不思議なシンクロでした。
これからもう一度波の上宮に初詣に行きたいと思います。
実は波の上宮にも因縁がありまして、去年まで久米に住んでいながら、
初詣は波の上宮には行っていませんでした。

波の上に行った年にイヤなことが続き、あそこは合わないんだと不運を
波の上宮のせいにしていたのです。
それも今思えば私自身に問題があったのに。
今日はそのお詫びもかねてお参りに行ってきます。

カズさんが波の上宮に行かれたということもすごいシンクロですよね。
おかげで私は波の上宮の神様にお詫びに行こうと思ったのですから…。
問題の原因は自分自身。
年の初めに改めて思い知らしめていただき、喜びと楽しさをかみしめ、
今年も楽しくすごせそうです。

*******************************************************************

Aさん、ありがとうございました。
これは私が書いたものではなく、野口コーチの実話を掲載しただけだったのですが、私がアップしたことがAさんに影響を与えるきっかけづくりになれたことは、非常に光栄に思います。
ここに掲載いただけるAさんの勇気にとても感謝します。

でもAさんご自分を責めないでいいですからね。
Aさんのように自分を客観視できることって、素晴らしいことですよ。

Aさんにとって今年1年幸運が満天の星のごとく降り注ぎますように!

| | Comments (12) | TrackBack (4)

December 18, 2005

レイキ交流会&宝地図

先日17日(土)は浦添市結の街にてレイキ交流会を行いました。
みなさん多数のご参加ありがとうございました。

今回は「宝地図」の意義と作り方を中心に講義形式で行いました。
なぜ宝地図を作るだけで夢や願望が実現してしまうのか、潜在意識のメカニズムを上手に利用したものだということがおわかりいただけたかと思います。

矢野先生も今話題の佳川奈美さんも宝地図をつくって成功をおさめています。
他にもたくさんの人がこれに取り組んで成功しています。
イメージ力のない人でも、宝地図を毎日眺めていれば、ビジュアライズされた情報が潜在意識の中に入ってどんどん現実を引き寄せはじめるという最高の夢実現ツールなんです。

宝地図を作って来年みんなでそれぞれに楽しい結果を発表会できたらいいなぁと思ってます。楽しみです~♪
私は今多忙なので、年末年始に時間をみてゆっくりじっくりと作成しようかな~と思っていますが。

さてさて、宝地図は大変素晴らしいものなので、また来月もこの企画をやりたいと思います。
今回の交流会に「どうしても参加したかった!」というメールを何人もの方にいただいたので、今度は午前の部と午後の部に分けて改めて「宝地図」の意義と作り方について講義を行いますね。

また来月にも案内します。
今回参加できなくて残念という方はご安心くださいね。
私もこんな素晴らしいものなのでもっとみんなでシェアしたいと思っています。

また詳しい作り方などや意義について「ワクワクしながら夢を叶える宝地図活用術」という本が出ていますので、こちらも参考に読みながらぜひ作成してみてください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 16, 2005

矢野惣一先生沖縄講演決定!

お待たせいたしました。ついに決定しました!
来年1月24日(火)浦添市の結の街大会議室にて、午後7時~9時まで、私の心理療法の師匠メンタルワークサポート矢野惣一先生の講演会が行われます。(入場料2000円)

yanoflyer
このチラシは元印刷屋の私が精魂込めて?つくりました。
PDFできちんと見たい方はこちらをどうぞ。「矢野先生チラシ」をダウンロード

矢野先生はこのブログでもよく取り上げていますので、よくご存知かと思いますが、三年前まで全く違う人生を送っていました。自己否定感の塊のようで、ストレスで体重も今より10キロも重く、円形脱毛症になり、親友もいない、彼女もいない、自殺衝動にかられていたといいます。

それまでの先生は成功法則の本や自己実現の本を読んで実践したものの、事態は好転するどころかかえって理想と現実のギャップにますます自己否定感に苦しめられたといいます。しかし、行き詰まってわらをもすがる思いで受けたたった一度の催眠療法を受けたところから、人生が変わってしまったのです。

本当の自分自身に気づき、そこから幸運の波にのってあっという間に自己実現してしまいました。先生はもし自分が心理療法を受けていなかったら、衝動的に自殺していただろうといいます。

いまや週休5日制の年収一千万円超。
伊豆にログハウスを構え、毎日妻子とお散歩してます。笑
たった3年でですよ。すごいですよね。

いやいや、それは特別な人で才能がある人だからできるんだよ、と思っている方。
一度その無意識の中の自分に対する枠や制限を外してみませんか?
そんなのできるわけないって?
いえいえ、外せますって!
だって私でも外せたんですもん。笑

ということで矢野先生の講演会は非常におもしろいお話になると思います。
それからいくつかのワークもやってくださるそうです。
会場に来た方はかなりお得かも!

自分を変えたい、今よりもっと良くなりたい、願望や夢を実現させたいと思う方。
ぜひいらしてください。かなりのヒントがもらえると思います。
潜在意識を使わずに一生を終えるなんてもったいないですよね。

当日は著書二冊も会場で販売します。まだ手にいれてないという方はどうぞ。
詳しいお問い合わせは私までメールください。

矢野先生、沖縄のみんなが先生が来るのを楽しみにしていますよ~。

| | Comments (13) | TrackBack (2)

December 14, 2005

矢野先生の掲載記事紹介

最近師匠の矢野先生がよく雑誌やテレビなどメディアにさかんに取り上げられるようになりました。
弟子としてはこの上なくうれしいですね。

11/28発売『K・i・T・T・O』(ゴマブックス)に矢野惣一先生の取材記事が載っています。

『K・i・T・T・O』といえば、あの本田健さんが連載をされていて、あのレイキマスターとしても有名な望月先生もたびたび記事を寄せられている雑誌です。
今月号の特集「2006年こそぜったい!!私は変われる!」でイメージと自己暗示を使って自分を変える方法を紹介しています。

そしてもうひとつ、「本当にあった!夢を実現する宝地図」(望月俊孝著・三笠書房・大型本)という本にも、矢野先生が宝地図を使って、予定よりも1年も早く田舎ぐらしの夢を実現されたという記事が実例として紹介されていますので、ぜひ書店で手にとって参考になさってください。

今度のレイキ交流会はこの「宝地図」の作り方を中心に行う予定です。
参加予定の方は楽しみにしててくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2005

インナーチャイルドの癒し

矢野セミナー二日間が終わりました。
今回は癒しの世界でもよく使う心理療法、インナーチャイルドの癒しや退行催眠、過去生療法(ヒプノセラピー)について多くの気づきを得ることができました。

特に「インナーチャイルドの癒し」は、催眠療法、心理療法だけではなく、癒しの技法としてよく使われます。
普通のインナーチャイルドの癒しは、小さい頃の自分のトラウマの原因となる出来事を思い出して、その場面に対して、小さい頃の自分を大人になった自分が抱きしめて癒す、という方法が一般的です。

インナーチャイルドはAC(アダルトチルドレン)に対して有効な療法としてよく使われていますが、効果がある人と効果が認められない人に分かれます。特にインナーチャイルドの癒しをするとその時はものすごく癒される気がするのですが、また次回にも同じ場面が登場したりします。つまり解決されていない。それでも癒された実感がその時には持てるので、何度も何度もインナーチャイルドをやっては、ついにインナーチャイルド中毒になってしまっている人もいます。

私もじつはこれすごく前々から疑問に思っていたことなんですね。
なぜそのような結果になるのだろう?と。
これが今回は完全に解決しました。
あまり内容については詳しくはいえませんが、つまりはこういうことです。

インナーチャイルドの癒しとはつまり、子供時代に「親にかけられた呪いを科学的に解くこと」が先決なのだと。
この呪いとは親から幼少時与えられた禁止令のことなんですね。
これをまず解かなければ、潜在意識レベルから癒して、人生をひっくり返すことはできないんです。

小さい頃に親からこんなこと言われてませんでした?
「なんてダメな子なの」
「ほんとは男の子が欲しかったのに」
「おまえなんていなきゃよかった」
「あんな子と遊んじゃだめ」
「男は人前で泣いてはいけない」

子供って特に七歳までは脳波はアルファ波が強いといいます。
つまりは、アルファ波は潜在意識に直結している脳波の状態ですから、七歳までにスリこまれた言葉の多くは子供の無意識レベルに確実に浸透していきます。マイナスな言葉であればあるほどに、ポジティブな言葉よりもエネルギーが強いので、子供の心に大きな傷をつけやすいのです。

傷ついた子供は無意識にその言葉どおりの人生を歩みはじめます。
「なんてダメな子なの」といわれて育った子供は、いつまでも自分に自信が持てないし、自分が好きになれません。そもそもセルフイメージが低いので、他人からどんなに褒められようが、それを素直に受け取ることはできません。人を疑ってしまうのです。そうして自分を好きになれない人は大人になってから、ものすごく苦しみます。まさにかつての私がこれでした。

これを解決するには、呪いの正体、つまりは親からかけられた禁止令を解かなければ、ワークをしてその時だけ癒されても「禁止令」が解かれていないので、結局は無意識下では変化は期待できないというわけです。
禁止令を解いてから、無条件の愛情を入れ直すという作業に移行しなければ根本的な解決にはなりえないのですね。これは私も非常に納得!です。

前述した通り、インナーチャイルドの癒しに私自身がこのやり方に疑問に思っていたこともあって、この癒しの技法を行うことにかなり消極的だったのですが、はっきりと自分の中でやる!と決意することができました。

矢野先生にはほんとに感謝しています。
私自身もほんとにこのセミナーに出席するようになってから、かなりの成長を遂げて進化しつつあります。
先生に出会えてほんとに良かった。
これからもよろしくご指導ください。
ありがとうございます。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

November 29, 2005

来月のレイキ交流会

年末から年始にかけて、私はどんどんイベントを打ちます。
体力持つかな~。ちょっと心配。
だれか私の秘書になって!笑

12月17日(土)午後一時半~、
浦添市 結の町産業振興支援センター(国立劇場おきなわ前)にて行います。
今回のメインテーマとして、来年に向けて「わくわくしながら夢を実現する方法」について。そしてみなさんと一緒に私も目標をイメージして楽しくワークしていきたいと思っています。

じつは私自身、去年思っていたことやイメージしていたことがかなり実現しています。
それも信じられないような形で。
幸運の波に乗るってこういうことをいうのか!と矢野先生のようなことを私もじつは今年たくさん感じました。
だからみなさんにも確信を持って伝えたいと思います。

エネルギーに敏感な人は気づいているとは思いますが、今年10月末から地球のエネルギー磁場がかなり変わっていたことをご存知ですか?
思いが通りやすく、思いが現実を呼び寄せやすくなっているんですよ。
その辺の詳しいお話も含めて、来年に向けて思いのエネルギーやイメージの方向付けについても、いろんなお話をしていきたいと思っています。

参加者はファースト以上を受講した方です。
参加費は今回は会場をお借りしましたので千円になります。


今年1年の総括も兼ねてみなさんのご参加を楽しみにしています。
わくわくしながら一緒に来年の目標や願望をイメージしましょう!
参加希望の方はメールくださいね。
よろしくお願いします。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

November 15, 2005

矢野セミナー2日目

2日目のセミナーは「副人格」というちょっと難しい内容について。
多重人格という言葉があるが、私もこういうレイキの仕事をしていていろんな事例に接するうちに、「憑依」と見るのか「潜在意識下に存在する別の人格」なのかを見極めることに迷うことがよくある。

その見極めは非常に微妙だ。
いまだにその線引きはよくわからないのだが、明らかに憑依ではない本人の中の別人格だ!とわかったこともあった。しかしわかったとしても、どう解決に結びつけることができるのかが、自分の中でもはっきりしなかったわけだが、今日のセミナーでこれがハッキリどうアプローチすべきなのかが見えた。

今回の副人格の場合は、この自分の中にあるもう一人の自分(副人格)を自分自身である主人格に統合することによって、抑圧された人格を解放していく。しかしこのセラピーも気をつけなければ、人によってはとんでもないものが出てきてしまったりするらしいので、クライアントの見極めが重要になってくる。

よくうつ病で多重人格が出る人がいるが、あれなどは副人格だと思う。でも不思議なのは女性なのに声が男性になっていたりする。十年前くらいに知人がこれにかかってしまい、男性の声で恐ろしい言葉を吐いていた。これに遭遇するとかなりびびる。

副人格については、私自身がセラピーとして使うのはまだ自信がない。他のセラピーを使ってみて、最終的に必要と思われるならば、使うようにした方がいいのではないかと思った。

ということで二日間のセミナーは終了。
翌日からは、自分の仕事にはいる。
大崎で毎月セッションルームを借りてのレイキ講座1・2・3を行う。
この分だと、セミナーが終わっても毎月東京に来ることになりそう。
それはそれですごく楽しいな♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 13, 2005

矢野セミナー1日目

毎月ただこのセミナーに出席するがために東京参りをしているのだが、出席回数を重ねるごとにほんとうにこれに参加してよかったとつくづく思う。

心理療法にはいろいろなものがある。
そして本もたくさん出ている。
いろんな心理療法家、カウンセラー、セラピストもたくさんいる。
いまは情報過多になり、どの情報を選ぶのが最適なのか、どのセミナーに参加すべきなのか、迷うことも多くなっている。セミナー代って、大きな金額になると何十万円もかかるわけだから、セミナー選びは慎重にならざるを得ない。

だが、矢野惣一先生のメンタルサポートセラピスト養成講座は日本にただひとつのオリジナル。
潜在意識のメカニズムを利用して、問題を短時間で解決するアプローチをいくつもの方法を使っていく。普通はNLPのセミナーを受けるだけで受講料50万円もするところだが、矢野先生のセミナーにはNLPの他にもコーチングの手法や癒しの世界でよく使われるイメージワークや行動療法、催眠誘導などあらゆる療法を同時に学べる。
要するにおいしいとこどりなのだ。
って言ったら矢野先生怒るかな。笑 (矢野先生もこのブログ見てるらしい)

今日はフォーカシングを学んだ。
フォーカシングとは、身体の感覚を通して心の声を聞くこと。
そのメッセージを受け取り、願いをかなえてあげることで問題は解決できる。

これをペアになって、それぞれがセラピストとクライアントに分かれて実習する。
じつは私は二週間前ぐらいから、ずっと胃が痛くて何を食べても胸焼けがしていた。胃薬を飲んでごまかしても、翌日はまた同じことの繰り返し。セルフヒーリングをすればいいのだが、これまたそんな自分をケアするヒマがあったら、メールのひとつでも打たなきゃと、忙しい中で常に胃痛と戦う日々であった。

それがこの日のフォーカシングの実習で私がクライアントになって、フォーカシングの誘導を受けた直後、あれほど痛がっていた胃の痛みが突然消えた。
ほんとに突然に。

あれ?いったい私に何が起こったんだろう。

自分自身でこのフォーカシングによって気づいたこと。
毎日忙しさに追われて、「あれやらなきゃ、これもまだやってない、急がなきゃ。みんなの為にもっといいケアができるためにはどうしたらいいのか?私はまだまだ精進が足りない、責任を負っている。期待に応えて頑張らなきゃいけない。」などなど。
要するに日々自分自身を追い込んでいってたことをそのとき初めて自覚。
みんなの期待に応える為に自分にものすごいプレッシャーをかけていたのだ。
肩にしぜん力が入りすぎ、胸と胃に詰まるような感じがして、胃が悲鳴をあげていたことに初めて気がついた。

私はクライアント役になって自分自身の体の悲鳴を解放してあげることに成功。すると不思議なことにあれほど苦しんだ胃の痛みがスッとウソのように消えたのだ。
しかも一瞬にして。
あまりの即効性にさすがの私もぶっ飛んだ!こりゃすげ~!

セミナーが終わった後、恒例の懇親会にも参加。
なぜか私はいつもセミナー講師の隣の席に座る確立90%以上で、この日も遅れて会場に到着したにも関わらず、まるで用意していたかのように、矢野先生の隣にすんなりと座れた。これも不思議。

矢野先生になぜ自分がこのセミナーに参加したのかをやっと話すことができた。
じつは今年の五月頃、ひとりのクライアントを矢野先生の著書を参考にしてワークを実施したところ、見違えるようにその人が変身し、びっくりしたご家族が私の顔を見に来てくれて、なんと私からレイキまで受講するきっかけになったことがあったのだ。たった2回のワークでこれほどまでに変化をもたらしたなんて、なんとすごいのだろう、私はこの矢野先生に絶対会う!とセミナー受講を直感で決めて今に至る。

来年の1月ぐらいには矢野先生には沖縄に来て講演していただくことに決定した。
って私がただ正式に要請しただけで、日程も会場も押さえていないけど。笑

矢野先生の方から言われました。
「ねぇ、カズさん、ボクいつ沖縄に行けるの?」って!笑
先生ごめんね、沖縄に帰ったら早速動きます。
みなさん、ぜひその時は講演聞きにきてくださいね!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 16, 2005

セミナー1日目

今日からセミナーが始まった。
午後からの講義なので、飯田橋の駅近くでお昼をとってそのまま会場入り。
前回は解決志向ブリーフセラピーという行動療法だったのだが、
前月の自分の成果を確認。
自分はメールの整理を深夜から朝に変えることで仕事の効率が相当上がった。
ちょっとした行動を変えるだけで、こんなにも成果が上がるんだ~と
我ながら感慨にひたる。

今日はNLP(神経言語プログラミング)の講義が行われた。
この内容がまたまたすごいんですわ!あまりの効果にびっくり。
思いもかけない自分の本心がわかっちゃったりして。
あ~、ほんとにこの講座受けてて良かった~!と実感。

講座が終わった後は矢野先生を含めた受講生たちと飲み会。
ちょうど矢野先生が私の目の前に座ったのをいいことに、私は先生の出版した本に関する裏話や、次の本の構想や私の尊敬する神田昌則さんのお話しなど興味深い話しをたくさん聞き出せた。

先生は潜在意識の使い方について「癒し」の部分といわゆるビジネスにも使われる「願望実現」の部分は使うところが一緒なのに、それを合わせて体系化してものがないという。それはそうだなと私も思う。

「今度沖縄に講演にぜひ来てくださ~い」とお願いしたところ快諾いただいた。
さっそく帰ったら企画立てようかな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)