February 22, 2006

ロミロミマッサージ

今日は新宿のハワイアンロミロミサロン「Lei Lea」をオープンしたKさんとこにお邪魔してきました。
彼女は去年の12月にサードまで受講済みです。
お部屋のインテリアがとってもステキでした~。
私はヒーリングやアロマのサロンはインテリアをきちんとしているところが大好き!

kinuesalon

ひさしぶりのロミロミで疲れた全身をほぐしてもらって、すっきりしました!
今度はここで東京のレイキの受講生を招いての交流会も企画しようと思っています。
Kさん、今日はありがとう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 13, 2005

「ファナファーニ」ついにオープン!

私のアロマの師匠、崎浜直美さん主宰のアロマスクール・サロン「アンティークサルーン ファナファーニ」がついに11月にオープンする。
講師の崎浜直美さんは沖縄のアロマ界では知る人ぞ知る有名な方。専門学校SORAの講師も勤めているのだが、このたび周りの高い期待の声にこたえていよいよ自宅サロンにてスクールを開講することになった。

じつは私は直美さんの講座一期生。去年の3月から週一回のスクールに通っていたのだが、直美さんの何がすごいって、ただのアロマテラピーの知識の範囲には収まらないこと。私は通い始めた頃はただのアロマの知識だけだと思っていたので、直美さんの実体験から繰り出されるアロマを通じてのスピリチュアルな不思議なお話の数々に目が点になった。男性性と女性性のバランスの大切さを教わったのも、「自分を知ること」「気づくこと」の大切さを教わったのもすべては直美さんから。私が彼女を師匠と呼ぶ所以である。

直美さんが今回の講座を開くにあたり、繰り返し強調していたことは、心(Mind)体(Body)精神(Spirit)の三位一体を統合することが幸せへの一番近道であるということ。それにはやはり「喜びに生きること」を選択して生きることが大切なのだという。

亡くなった人にユタがチャネリングするということが沖縄ではよく行われるのだが、心・体・精神それぞれに違うレベルに想念が残存するため、ユタのチャネルのレベルによって言うことも変化してくるのだという。たとえば魂(ハイヤーセルフ)は高次元に存在するが、想念レベルでは暗いところに在るとか...。だから三十三回忌とは三十三年かけて魂レベルまでの浄化を徐々に高めて、供養という形で行うことなのだとか。でも今の時代はそれを生きながらにして三位一体を統合する生き方が可能だという。

この三位一体の生き方はつまりは「快に生きる、喜びに生きる」こと。魂レベル、本心からの声に耳を澄まして、キャッチすること。人はみな観念や社会的常識や家族・人間関係のしがらみの中で本心からの欲求に目をつぶり、自分を抑えて無理をしている。それが心を歪ませ、やがて体が疲弊し、悲鳴をあげる。癒しても癒しても社会や家庭に戻ればまたストレスの繰り返し。

魂の声を聞くには五感の感性を磨くことが一番。そうすると第6感は自然に開いてくる。中でも嗅覚は五感の中でも最も衰えにくい部分。嗅覚はそのまま脳(海馬)に直結している。直感やスピリチュアルな感性を開花させたいならば、ホリスティックなアロマを追求することはその最適な入り口になると思う。

この「ホリスティックアロマテラピスト養成講座」は来月から開講です。とにかく日本中どこを捜してもこのような深いアロマ講座はないと思います。もし興味のある方は下記までお問い合わせくださいね。

アンティークサルーン ファナファーニ 「FanafaaniFlyer1.pdf」

〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山1-12-20
TEL/FAX 098-898-7023  E-mail:fanafaani@hotmail.co.jp

| | Comments (4) | TrackBack (0)