August 22, 2005

中田英寿移籍記者会見

中田英寿がフィオレンティーナからイングランド・プレミアリーグのボルトンへの移籍を発表した。その記者会見の内容を土曜の夜のスマステで全部拝見。

なんでも会見場は日本語は一切ノー。すべての質問は英語のみで行われ、日本人記者同士でも英語で会話しなければならなかったのだそう。
彼の英語の発音がまたまたすんばらしい!
スピードは割りとゆっくりで聞き取りやすいではあるが、発音がすっかりネイティブ!
あれは普段から会話慣れしていないとできないだろう。

日本代表のピッチの上で鬼のように「走れっ!コース切れ!」と叫ぶヒデもカコイイ~のだが、さらりと英語で受け答えするヒデも超ステキ♪

じつは私も昔はTOEIC600の壁を破ることができず(お恥ずかしい)、英語を話すことを断念した記憶があるのだが、ヒデのゆっくりしたしかもネイティブに近い英語を聞くと触発されちまう。またまた明日でも古い教材引っ張りだして、勉強にトライしてみようかと思ってみた。
思ってみた...だけで終わりそう...。
だってそんなヒマあるのかぁ??

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 26, 2005

惜敗のコンフェデ杯

ドイツで開催中の各大陸の王者が集うコンフェデレーションズカップ。
もちろんアジア代表はあの中国での死闘を勝ちあがった我が日本。王者ブラジルと戦いドローに持ち込んだが、結局は得失点差で予選敗退となってしまった。

一部の報道では日本をなめてかかって主力をベンチに下げて温存するのではないかと言われていたが。フタを開けてびっくり。ロナウジーニョ、エドゥー、アドリアーノにカカ。欧州リーグで活躍する面々。ブラジルはメキシコに敗れたので、日本に勝たなければ準決勝に進出できない。親善試合ではなくて、こんな最強軍団と正面きってガチンコで勝負できるなんてそうそうない。日本にとっては最高の貴重な体験になったはず。

後半は彼らがピッチに立つ孤高の侍たちのように見えてものすごく感動。今回はジーコジャパンになってからのベストバウトじゃないかな。

ところでこのコンフェデで一躍ヨーロッパで大注目を浴びた選手は俊輔のほかに大黒クン。ギリシャ戦試合後の彼のコメントなどを聞いていると、ふ~~んと思う。

「あと1点取れるチャンスがあった。(ギリシャは)今日は欧州チャンピオンではなかった。裏にスペースがあったし、プレスも少なかった。(前半のチャンスは)ベンチで裏を取るイメージを浮かべながら見ていた。ゴールはイメージ通りでした。」と。

スポーツでよく使うイメージトレーニング。イメージで使う脳と現実で使う脳の部分は一緒。つまり実際に身体を動かしている時と同じように彼らの脳は活動する。彼らのイメージでトレーニングをしながら実際の身体でも同じようにイメージ通りのトレーニングをして体感しながら上達していく。要するに脳力が能力につながること。
イメージは潜在意識に通じているから、イメージしたものが現実になるようになる。うまくいったことを身体と同時に脳がイメージとして同時にインプットする。身体で覚えているように思えて実は脳で覚えている。スポーツのできる子に頭がいい子が多いのは案外こんな理由かもしれない、などと思った。

とにかく大黒サマサマのコンフェデ、日本は珠玉のストライカーを手にいれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2005

決めた!歓喜のW杯出場!

なんとこともあろうか北朝鮮戦のキックオフ直後の飛行機を予約してしまっていた。
気づいたときには、時すでに遅し!なんという大ボケ女じゃっ。
こんなことなら一便ずらせば良かったのに...。号泣

八時十五分福岡発の飛行機だったので前半は20分までは見ることができた。
空港のテレビの前には大きな人だかり。
搭乗してからも気がかりで気がかりで、機内アナウンスでは親切にも「ただいま前半を終了して0‐0です」と知らせてくれた。ため息がもれる。もう、引き分けでもいいかぁ、負けなければいいし...なんて考えながら、那覇空港に降り立つ。
サッカー好きの友人に即効電話。
2‐0で快勝との報を聞き、うれしさのあまり電話しながら空港でぴょんぴょん飛んでいた。

空港で荷物を受け取りumeに車を預けていたので、迎えに来るのをずっと待っていた。その間は、テレビ朝日がW杯出場決定の特番をやっていたのでずっと見ていた。
しかしいつまでたっても迎えに来ない!おかしいぞ?電話するも本人は出ない。
やがてつながった電話の声「は~い、姐さんどうしたの?」
私「おお~い、いま空港だよ。迎えに来る約束じゃなかったん?」泣
ume「えっ?明日木曜じゃなかったっけ?」
そう、umeは大勘違いをしていたのだった。
お風呂に入った直後らしく頭にタオルを巻いたまま迎えにきたume。ありがとう。

ところで深夜遅くまでずっとずっと特番を見て十回以上ゴールシーンを見て感慨に浸る。
引き分けて決定よりも、絶対勝った方が気持ちいい。ほんとうに良かった。無観客試合という日本にしてみれば、大きなとばっちりを受けた格好だが、それでもどんな状況でもタンタンと受け入れて結果を残す。いいねぇ。カッコイイ!

そういえば私の搭乗した便にはFC琉球のメンバー一同が搭乗。たぶん遠征に行ってたのかな?みんな身体ががっしりしていて色黒で、Tシャツにシルバーのネックレスをつけて、なかなかおしゃれでカッコよかったよ♪

| | Comments (6) | TrackBack (9)

March 30, 2005

結果オーライです!

japanbarean

ワールドカップアジア最終予選日本対バーレーン戦見ましたか?
いやぁ~ほっとしましたよ。
とりあえず、ごっつぁんゴールでしたが、勝ちは勝ちですから。
この勝ち点3はひっじょ~に貴重です。

前回イラン戦の敗戦により、このバーレーン戦に勝たなければ予選突破が苦しくなる展開。
今日勝つと負けるとでは雲泥の差。
取り返すのには1試合ぐらいでは間に合わないし。
今度の試合までは時間があるので、とりあえずいいイメージで終われてよかった。

一方、北朝鮮対イランは暴動寸前状態だったらしい。
審判が微妙な判定をし、PKをもらい損ねた北朝鮮選手がブチ切れて審判に全員で詰め寄るシーンが流れていた。
しかも観衆もみんな試合か終わった瞬間からスタジアムになだれこむという事態にまで発展したらしい。
まぁ、偉大なる将軍様のお膝元、ホームでの試合を二連敗だから憤慨するのも理解はできるが、暴動はないでしょうに。
やっぱりここが国際試合に慣れていないということなんでしょう。

とにかく我が日本は勝ててよかったっす♪今日は安心して眠れる~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)