« ハッスルマニア2005 | Main | アメイジング・グレイス »

November 07, 2005

レイキ交流会報告

今回は初めての試みで、てぃだ沖縄さんの会場をお借りして行われたわけですが、なかなか20人も集まるとすごいですね。
ひさびさにキンチョーしました。
なかには遠くの方は今帰仁村から来てくださいました。
参加者のみなさんお疲れ様でしたね。

みなさん来てくれてどうもありがとう~。

今回の主な内容はレイキとクリスタルとアロマを使った簡単なヒーリング方法でした。
特にアロマの基礎知識と身体に現れるエネルギーの上下・左右のバランスについて講義しました。
なぜグランディングがこんなに大切なものなのかをわかっていただけたかと思います。
そしてそれぞれにペアを組んでもらっての実習も行いましたが、さすがに20人もいるとにぎやかでしたね。
それぞれに効果を体感できたようで、みなさんの輝くような笑顔がとても印象的でした。
私もとてもうれしかったです。

もっとやりたいことはあったのですが、いかんせん20名超えると4時間が限界ですね。
時間配分を考えてなかったので、気がついたらもう日も暮れかけてて私の方があわてちゃいました。

レイキサークルも今回は人数が多くてやりがいがありました。
人数が多ければ多いほど、回るエネルギーも強力になりますので、ほとんどの人がなんらかの感覚を感じることができたと思います。
多くの人が目を閉じているのにまぶしい光を感じて驚いたという声があちこちから聞こえましたが、レイキってもともとが光エネルギーなんですね。だから日ごろから12ポジでも他人へのヒーリングでもいいので、とにかく光と自分を同調することを心がけていると、確実にあらゆることが変化し好転してきます。自信を持ってやってくださいね。

1ヶ月半に一度ぐらいの割合で企画していこうと思っていますので、また良かったら参加してください。

会場を快く提供してくださった、てぃだ沖縄の島袋千鶴子さんにはほんとに感謝してます。
そしてウメ・タカともどもにゴチになりましてありがとうございました♪

|

« ハッスルマニア2005 | Main | アメイジング・グレイス »

Comments

昨日は、お疲れ様でした。

連日のバタバタで、結構お疲れモードでしたが、千鶴子さんと話をする事で、パワーがもらえました。
来年、きっと私は風水講座を受けてます!!

姐さん、千鶴子さん、ほんとうにありがとうございました。

たか!がんばろうね!

Posted by: ume | November 07, 2005 at 10:04 PM

うめ~、お疲れさん!
お手伝いありがとう。
楽しかったね。
打ち上げも。
タカが妙にハイテンションだった。
なぜか?
それとあんまり私に突っ込まないでくで。泣

Posted by: カズ@管理人 | November 08, 2005 at 01:15 AM

カズさん。
交流会、お疲れ様でした。
参加された皆さんも
お疲れ様でした。

打ち上げも楽しかったね。
千鶴子さん、重ね重ねありがとうございました。

私、テンション高かった??
いっぱい喋ったからじゃないかな??
思うように喋れなかったときとかは
チョー凹むというか、ローテンションだもの。

またの機会を楽しみにしています。
早くセカンド受~~けよ♪

Posted by: taka | November 11, 2005 at 12:31 PM

たかへ
その節はどうもおつかれさんでした。
お手伝いありがとう。
なんとか無事やれてよかったっす。
セカンドもいつでもいいからね~。

Posted by: カズ@管理人 | November 12, 2005 at 08:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55035/6939645

Listed below are links to weblogs that reference レイキ交流会報告:

» レイキ交流会 [のぽぽん・りんりん]
そっかぁ〜 レイキを始めてまだ1ヶ月ちょっとかぁ〜もうだいぶたった気がしてたなぁ昨日はカズさん主催の「レイキ交流会」に参加してみた。ほぼ知らない人ばかりの中に入るのはやはり緊張。。。。でもねぇ 行ってみたかったのよぉレイキサークルってのも初体験!!!輪...... [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 12:02 AM

« ハッスルマニア2005 | Main | アメイジング・グレイス »