« October 2005 | Main | December 2005 »

November 29, 2005

来月のレイキ交流会

年末から年始にかけて、私はどんどんイベントを打ちます。
体力持つかな~。ちょっと心配。
だれか私の秘書になって!笑

12月17日(土)午後一時半~、
浦添市 結の町産業振興支援センター(国立劇場おきなわ前)にて行います。
今回のメインテーマとして、来年に向けて「わくわくしながら夢を実現する方法」について。そしてみなさんと一緒に私も目標をイメージして楽しくワークしていきたいと思っています。

じつは私自身、去年思っていたことやイメージしていたことがかなり実現しています。
それも信じられないような形で。
幸運の波に乗るってこういうことをいうのか!と矢野先生のようなことを私もじつは今年たくさん感じました。
だからみなさんにも確信を持って伝えたいと思います。

エネルギーに敏感な人は気づいているとは思いますが、今年10月末から地球のエネルギー磁場がかなり変わっていたことをご存知ですか?
思いが通りやすく、思いが現実を呼び寄せやすくなっているんですよ。
その辺の詳しいお話も含めて、来年に向けて思いのエネルギーやイメージの方向付けについても、いろんなお話をしていきたいと思っています。

参加者はファースト以上を受講した方です。
参加費は今回は会場をお借りしましたので千円になります。


今年1年の総括も兼ねてみなさんのご参加を楽しみにしています。
わくわくしながら一緒に来年の目標や願望をイメージしましょう!
参加希望の方はメールくださいね。
よろしくお願いします。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

November 26, 2005

来年の手帳

そろそろ本屋に行くと来年の手帳がズラリと並んでいる。
そうか、もう年末だし~ということで、ひとつひとつ手に取って眺めてみる。

私は仕事のスケジュール管理はすべて手帳一本に任せてあるので、これを無くすと死活問題に関わる。サイフはなくしてもまだリカバリーオッケーだが、手帳無くしたらマジ泣きするかも。
というのは大げさにしても、たくさんの情報が書き込まれているので、来年の手帳にこれを引き継ぐには三ヶ月ぐらい旧手帳も一緒に持ち歩かなければならない。

それにしても、これだ~っ!とひらめく手帳がない。
装丁は良いがインデックスがないとか、土日欄が休みを前提にしてるためか小さくなっていたり、中身は合格だけどカードや名刺類を差し込む場所がないとか、装丁が真っ黒でオヤジバージョンだとか。

どこかに私の心をくすぐる最高の手帳はないの~?!

今日はあきらめた。
妥協して手帳を買うものではないことは、今年の教訓ですでに体得している。笑
沖縄にはオキナワ手帳がたくさんあるのだが、そのうちひとつに自然を基調にした装丁の手帳を買った。
名前はいえない。笑

結果、かな~り失敗した。

だいいちインデックスがない、ひももない、装丁のカバーに名刺やショップカードを入れるとスキマが広すぎてボロボロ横から落ちてくる。片手で手帳が開けない。開いてもバサッと閉じてしまうタイプ。仕事のスケジュール管理にインデックスがないということがこれほどまでに不便だということに気づかなかった。

予約の電話を受け付けるときも「えーと、えーと、いまチェックしてますから、お待ちくださいね~。」と言いながら、ガサガサと手帳を開く始末。
仕方ないから対策として、下の部分に斜めにはさみ入れてる。
こうなるともう笑うしかない。すごい原始的だよね。
なんて不便な手帳。
っていうか、そんな手帳を選ぶ私が悪いのっ。怒

で、来年の手帳はかな~り研究している。
というか、いい手帳を選ぶことから来年の仕事運をかなり左右することに気がついたからだ。
手帳って、自分の時間を管理するもの。
自分の1日、そして1年を通して、目標を年始に設定して、それから達成率を手帳を見ることでかな~り意識化できる。願望や目標をイメージするだけではなくて、きちんと紙に書いて視覚で見て左脳もきちんと使うといい。
左脳と右脳のバランスはとても重要。

独立してから特に思うのが自己マネジメントの難しさ。
時間ってすぐに経ってしまう。
朝、事務処理や雑事を怠けてぼけ~っとしていたら、すぐお昼になってお客さんが来る。
繰り越した仕事は明日やろうやろうと思うとすぐに一週間がたってしまい、そのうち機会を失う。メールの整理に時間がかかってしまい、結局1日何もできなかったという日々を何日もすごすとストレスでまた胃をやられる。

どういうわけか、最近これが少なくなってきた。
それは白い紙を用意して、今日一日でやらなければならないことを箇条書きで優先順に書き込んでいく。そうして出来た事柄から、横線を引っ張って消していく。これがすごいことに自分の仕事もプライベートまでもがスルスルとよく効率的回るようになってきた。

手帳に書き込んだ用事や仕事をチェックして、移動の時間まで計算してから1日の時間を割り振りして、今日は最低限ここまではやろうと決めたら必ずやる。たったこれだけなのだが、1日の達成感や充実感につながっている。これをまた一週間や一月ごと、または年間目標を設定したら、もっとすごいことになるのではないかと思う。
私ってスゴイ!なんでもできそう!と一人でお目めを輝かしている。苦笑

たかが手帳、されど手帳。
でもこういう私のわがままな要望を満たす手帳を根性で捜そうと思う。
とりあえずは来週の2日からまたまた東京入りなので、銀座に三千冊もの手帳が並んでいるとこ(名前わすれた!)があるらしいので、そこに真っ先に突撃する予定。
絶対さがすぞ~!

もしいい手帳を見つけたら、いくつか買って5人くらいにプレゼントしようと思ってます!
もちろん願望実現・自己実現にイイと思われる手帳を厳選して。
その時は募集しますので、ぜひぜひ応募してねん♪

| | Comments (11) | TrackBack (0)

November 25, 2005

超過密な休日

前の晩から友人が来て深夜遅くまで話し込んだあげくに今日は朝寝坊。
あわてて飛び起きて、前々から予約してあった美容室へ向かうため朝から名護までひとっ走り。

そうなんです。私は髪を切りに行くためだけに名護までいきます。

私のお気に入り美容院は名護ひんぷんガジュマルそばの「サンクチュアリ」。
店長の奥さんキミちゃんはは九州でもかなりの腕利きで、よく美容師の大会などでことごとく優勝をかっさらうぐらい。ちなみにご主人の地元名護にお嫁に来るまでは、福岡では実質ナンバーワンだったらしい。

またすごいんですよ、彼女。
初めてお会いしたときに、私の髪をサッと触っただけで、特徴をすべて言い当てられたあげくに、頭の形やバランスを見て、トータルデザインしてくれるんです。
しかもいつもテーマつき!彼女はかなりエネルギーに敏感なので、感じたことをそのまま表現してくれるみたいです。それが私は非常にうれしくてうれしくて。
前回が「天女」のイメージで、今回は「女性らしさ」でした。
仕上がりがとってもステキで、思わず「超すてきっ!ありがとう!」と声をあげてしまいました。

髪を整えた後は大急ぎでまた浦添までひとっ走り。
五時からはひさしぶりのピアノ教室。
でもでも名護を出たのが4時20分。
ありゃ~これはまた遅刻?と思い、いつもよりスピードを上げて走行。
ちなみに浦添には5時ジャストで着きました。どうやって?
どのくらいスピードを出して走っていたのかは、ご想像におまかせします。笑

しかし私自分の直感力のすごさを知りました。
正直これはコワイなと思いました。

前述の通り、先を急ぐため高速道路右側レーンをひた走り、何十台もの車をごぼう抜きしている最中に、覆面パトカーが取り調べしている側を通りました。いつもなら「あ~あかわいそうに」で終わるとこですが、何かいや~な予感がふっとよぎったんです。

なんだろ?なんだろ?さっき覆面がいたから、この先しばらくはいないはず。
大丈夫だよね。などと根拠もないことを考えていました。

しかし、消えないのです。今度は胸騒ぎがしてきました。
さすがに私もちょっと気になりはじめました。
その瞬間です。
右側から左を走行しているセダンをサッと抜いた瞬間、ふっと見えました。
警察の制服姿。

しまった!まずいっ!

時すでに遅し。
そのセダンはサッと右側に出てきて、私の追尾を開始しはじめたのです。
きゃ~~~っ!
おそるおそるバックミラーで見ると、ブルーの制服がふた~り並んで座っているではないですかっ!
思わず目をそらし、ボトルの水を飲んで深呼吸。(◎-◎;)
自分にいいきかせる。
「いやいや、彼らはいま証拠取りをしている。証拠なしには引張れない。冷静になれ!」

しか~し、ブレーキを踏まずに徐々に減速し、左にわざと道を譲ってやり過ごそうとするのですが、な~んと覆面ちゃんもび~ったりついてくるではありませんか~!泣
「ど~しよ~、あっち行け~、頼むからさ~、つ・い・てこないで~♪」と車の中で音楽に合わせてへんな替え歌つくって落ち着こうとするわたし。笑

ところが救世主が現れました。
私の横を猛スピードで追い抜いていった、白のスパシオくん。
すると私を追尾していた覆面ちゃんはとたんにサッと白のスパシオを追いかけていったんです。その後もう一台を挟んで、私はまたまた右側を覆面ちゃんの後を追いかけていきました。
しますか?こんなこと。(良い子はマネしないでね♪)

それから三分後、出ました!
赤いパトライトが回り白のスパシオちゃんはあえなく御用となってしまいました。
白のスパシオくんっ、ごめんっ!笑
あなたにはきっといいことがありますよ、私を助けてくれたし。
スパシオくんに幸運がなだれのごとく起こりますように....。

びっくりしたのは今回は自分の直感にかなり助けられたこと。
あのなんともいえない胸騒ぎ。
良かった、ひさびさの一発免停にされるとこだったわ。
でもでもスピード出しすぎにはやっぱりいけません、反省します。

ということで、なんとかかんとか、ピアノには間に合いました。
ひさしぶりだったのですが、とっても楽しくてニコニコしながらピアノを弾く私。
自分が自分を好きだなって思える瞬間って、こういう無邪気になっているときかな。

その後はまたまた宜野湾に移動して、アロマスクール「ファナファーニ」へ。
今回はバスソルトを使って、自分の作ったバスソルトでフットバスを楽しみました。
終わった後もずっと直美さんやメンバーと話しこみ、結局帰り着いたのは夜11時半。

ひょっとすると私のお休みって、お休みになってないんじゃない?笑

| | Comments (13) | TrackBack (0)

November 22, 2005

遠隔アチューンメント

前回のエントリーのコメントで遠隔アチューンメントについてのお問い合わせがありましたので、ここで私個人の考えを述べたいと思います。

日本でも最近レイキは急速発展の様相をみせていますが、あまりにもいろんなレイキやレイキティーチャーがいて、よくわからないという方が増えています。

ただ遠隔アチューンメントは最近流行っているようです。
お手軽だし、遠方に住んでいる方には便利でしょうね。
引きこもりの方などには遠隔アチュはいいのだと思います。

ただ、私のところに他のティーチャーのところで受けたけれども、手ごたえが感じられないからとかティーチャーがいまいち信頼できないという理由で、もう一度受けなおす方々が急速に増えています。
その中によくいらっしゃるのが「遠隔でアチューンメントを受けた」という方がかなり多いのです。

私はあくまでティーチャーとの信頼関係ってアチューンメントの成否を占う重要な要素のひとつだと思うんですね。
対面してお顔を見てお話して心をお互いに開いた上でアチューンメントをしてもらうのと、見ず知らずで信頼関係のない方からアチューンメントをしてもらうのと、私は前者の方が絶対気持ちがいいし、価値を感じられると思います。

それにティーチャーとの相性って必ずあります。
どのティーチャーを選ぶのかで、エネルギーの質が変わってくると言われています。
例えばマイナスエネルギーの強いティーチャーに伝授されれば、その性質を引き継ぐことにもなってしまいます。今怖いんですよ、お金さえ払えば資質に関係なく誰でもティーチャー取れるところが多いですから。

だからティーチャー選びは案外重要なんです。
それはどうしたらわかるの?と言われると、頭で思考せずに直感で選んだ方がいいと思うのですね。その人の持つブログやサイトから感じられる波動に違和感を感じたりしたら、絶対に合わないのでやめた方がいいです。ブログやサイトってその人の人柄や波動がもろに出ますし。笑

私はどう見てもファイト一発!現実世界重視系ヒーラーです。否定しません。笑

レイキの料金は人それぞれの価値観はあるとは思いますが、決して安いものではありません。
サードまで通すと結構な金額です。
これを高いとみなすか安いとみなすかは人それぞれではあると思いますが。
高い金額を支払ってアチューンメントをするのであれば、ティーチャーからいろんなアドバイスやレイキに付属した諸々のお話なども聞けますし、私はその中にクリスタルやアロマや心理療法を取り入れたりして、オリジナルでレイキと組み合わせています。そういうのってもちろん料金を取っていませんので、そういうお得な部分でプラスアルファの喜びがあると思います。

後々のアフターフォローなどもあわせてみて、トータルで考えれば私個人は遠隔で受けられるよりは、ティーチャーに会って直接自分のエネルギーをみてもらいながら、アチューンメントしていただくほうがはるかにお徳だなと考えています。ティーチャーのオーラに直接触れるわけですからね。その方が満足感があると思うのですよ。
しかも同じ料金を払うなら、です。

でもまぁ、それはあくまで私個人の考え方なのであって、いま遠隔でやってらっしゃる方を否定するわけではありません。それはそれでよいのではないかと思います。
ということですが、回答になってますか?
また何かあったら直接メールでもくださいね♪

| | Comments (7) | TrackBack (1)

November 21, 2005

レイキ講座@東京 受講者募集中

来月の12月2日からまたまた矢野セミナー参加とレイキ講座のために東京入りします。あと2週間しかないなぁ。あせる~。

時間があまりありませんので、急ぎレイキ講座受講希望者を募集します。
レイキのファーストセミナーを大崎駅近くのセッションルームをレンタルして毎月行っています。
関東近辺にお住まいの方で、レイキに興味はあるけどなんだろ?という方はプロフィールを参考のうえ、メールでお気軽にお問い合わせください。

ファーストディグリーの詳細
日程は12月5日(月)で午前九時半~四時で、料金は23000円になっております。
ファーストを受講した方の特典には二年間の無料アフターフォローと再受講無料にレイキ交流会参加資格などがあります。それと今回から希望者にはレイキ講座取得証明書も発行します。

今レイキは非常に注目を浴びています。
アメリカなどでは終末医療の分野で大変な活躍をしていますし、イギリスでは王室の方もレイキ治療を受けています。ドイツ・イギリスは健康保険(国保)が適用なくらい認知されており、日本も急速に注目度が上がってきています。レイキのいいところは講座を受けて自分でもできるようになると、他人や家族ペットも自分で癒して痛みを軽減することができるところです。

興味のある方はぜひぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 20, 2005

ボジョレーヌーボー解禁

毎年恒例のボジョレーヌーボーの解禁。
アルコールが飲めない下戸の私(マジです)は、あまり関係ないのだが、お酒で好きなものとして挙げるとやっぱりワインかなぁ。

久しぶりに友人から「うちでシチュー作ってパーティーするから来ない?」とのお誘いが。最近仕事でもプライベートでもミスってヘコんでいたとこだったので丁度よかった。

メンバーは旧アロハカフェの常連客同士で9人。
みんなひさしぶり!
旧アロハカフェは理由あって今月初めに閉店している。
だからいつもの顔なじみが揃う場所もなくなってしまったので、顔を合わせる機会が激減している。

しかしみんなに言わせると私はブログで近況がわかるので、今なにを考えて、なにに忙しくしているのか、どこにいるのか等々書かれているので、あまり「カズさんってどうしているんだろ?」という感覚はないらしい。笑
そりゃそうよね。
私の動向だけはみんなにしっかり把握されている。笑

boujorey

誘ってくれた友人はかな~り料理上手で、うちに遊びにきては創作なべを作ってくれたりする。
今日は手作りのビーフシチューにオードブルとワインにケーキ。
おいしかったし、ひさしぶりにバカ笑いして楽しかったぁ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

November 19, 2005

古都鎌倉へ

今月はどうしても休みを取ってどこかに行きたかった。
せっかく東京に出てきているのに、セミナー受けて仕事して帰るだけなんて、な~んてつまんない!
ということで、ガイドブックを買い込んで鎌倉に日帰りで行くことに。
ちょうど紅葉の季節なので期待していたのだが、残念ながら紅葉にはまだあと2週間くらいかかるかな?

鎌倉駅で降りてからあの源頼朝で有名な鶴岡八幡宮まで歩く。
歴史もので好きでよく読んでいたものに源氏と平家の物語がある。
平家を滅ぼした源義経が実兄の源頼朝に追われ東北の奥州平泉で命を絶たれるまでの物語。
中尊寺金色堂にもいつか行ってみたいな。
kenchouji

建長寺から円覚寺へ、そして北鎌倉駅まで歩いてきたらもう疲れてしまった。
鎌倉駅にもどって江ノ電に乗り、長谷で降りてまた歩く。
奈良の大仏は修学旅行で行ったけど、鎌倉の大仏は初めて。

daibutsu
これって20円払ったら大仏の中に入れるんだよね。

今回一番良かったのが長谷寺。
黄金の巨大な観音像がすごい迫力があって、写真撮影が禁じられていたので残念。
よくレイキの伝授中に受講生から「観音様のイメージが見えた」と言われることがある。
またユタ系のおばさんにも私と観音様がだぶって見えるとか、他の人にも私の顔が観音様に見えるとか言われたこともある。
とにかくキーワードによくでてくるのが、観音様。
いったい何のご縁があるのだろうか。
レイキのセカンドの第二シンボルは阿弥陀如来をあらわすことも関係しているのかもしれない。

長谷寺で結構な時間をすごしてから、江ノ電に乗るとまだ五時だというのにもう真っ暗。
沖縄とは時差が一時間ぐらいあるらしい。
日が暮れるの早すぎだよ~。
結局江ノ島まで行けなくてざんねんでした!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

November 16, 2005

レイキ講座

毎日ラッシュアワーに電車に乗って3日もすると、すっかり東京に住んでいるかのような錯覚を起こし始めている。品川駅で四方八方から押し寄せる人の波を、サッサッとかわすのもなかなか上手になってきた。笑

品川駅の構内はエキュートというショッピングモールのようなものがある。
改札を出なくてもお買い物ができたりするので、乗り換えのちょっとした時間に利用できて非常に便利。
私は毎朝ここのエキュート内にあるスープスタンドで朝食を取る。いわゆる「食べるスープ」だが、これがとってもおいしくて、すっかりハマッてしまった。

soup
この日はオニオンスープと焼きたてのバゲット

日曜までの矢野セミナーを終えたら、翌日からは今度は自分のレイキ講座、ファースト・セカンド・サードを行う。一人で伝授できる人数が1日につき3名までが限界なので、サードまで行うと3日間になる。
おかげさまでうれしいことに東京でも毎月レイキ講座の申し込みがある。
今後も受講生がいる限りはなるべく毎月東京に出て来ることにした。

また、いまはまだ何ともいえないが、来年は本格的に東京進出が実現するかも。
レイキだけではなくて、レイキ+心理療法をやれたらと思っている。
いまは計画段階で構想を練ってる段階だけど、やがて具体的な話になりそうな勢い。

東京と沖縄を行き来して仕事ができるのが夢だったのが、ほんとに実現するなんて~。
これ去年ノートにイメージとして紙に書いてあるのを先月発見したんだよね。
マジで実現できてるからすご~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 15, 2005

矢野セミナー2日目

2日目のセミナーは「副人格」というちょっと難しい内容について。
多重人格という言葉があるが、私もこういうレイキの仕事をしていていろんな事例に接するうちに、「憑依」と見るのか「潜在意識下に存在する別の人格」なのかを見極めることに迷うことがよくある。

その見極めは非常に微妙だ。
いまだにその線引きはよくわからないのだが、明らかに憑依ではない本人の中の別人格だ!とわかったこともあった。しかしわかったとしても、どう解決に結びつけることができるのかが、自分の中でもはっきりしなかったわけだが、今日のセミナーでこれがハッキリどうアプローチすべきなのかが見えた。

今回の副人格の場合は、この自分の中にあるもう一人の自分(副人格)を自分自身である主人格に統合することによって、抑圧された人格を解放していく。しかしこのセラピーも気をつけなければ、人によってはとんでもないものが出てきてしまったりするらしいので、クライアントの見極めが重要になってくる。

よくうつ病で多重人格が出る人がいるが、あれなどは副人格だと思う。でも不思議なのは女性なのに声が男性になっていたりする。十年前くらいに知人がこれにかかってしまい、男性の声で恐ろしい言葉を吐いていた。これに遭遇するとかなりびびる。

副人格については、私自身がセラピーとして使うのはまだ自信がない。他のセラピーを使ってみて、最終的に必要と思われるならば、使うようにした方がいいのではないかと思った。

ということで二日間のセミナーは終了。
翌日からは、自分の仕事にはいる。
大崎で毎月セッションルームを借りてのレイキ講座1・2・3を行う。
この分だと、セミナーが終わっても毎月東京に来ることになりそう。
それはそれですごく楽しいな♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 13, 2005

矢野セミナー1日目

毎月ただこのセミナーに出席するがために東京参りをしているのだが、出席回数を重ねるごとにほんとうにこれに参加してよかったとつくづく思う。

心理療法にはいろいろなものがある。
そして本もたくさん出ている。
いろんな心理療法家、カウンセラー、セラピストもたくさんいる。
いまは情報過多になり、どの情報を選ぶのが最適なのか、どのセミナーに参加すべきなのか、迷うことも多くなっている。セミナー代って、大きな金額になると何十万円もかかるわけだから、セミナー選びは慎重にならざるを得ない。

だが、矢野惣一先生のメンタルサポートセラピスト養成講座は日本にただひとつのオリジナル。
潜在意識のメカニズムを利用して、問題を短時間で解決するアプローチをいくつもの方法を使っていく。普通はNLPのセミナーを受けるだけで受講料50万円もするところだが、矢野先生のセミナーにはNLPの他にもコーチングの手法や癒しの世界でよく使われるイメージワークや行動療法、催眠誘導などあらゆる療法を同時に学べる。
要するにおいしいとこどりなのだ。
って言ったら矢野先生怒るかな。笑 (矢野先生もこのブログ見てるらしい)

今日はフォーカシングを学んだ。
フォーカシングとは、身体の感覚を通して心の声を聞くこと。
そのメッセージを受け取り、願いをかなえてあげることで問題は解決できる。

これをペアになって、それぞれがセラピストとクライアントに分かれて実習する。
じつは私は二週間前ぐらいから、ずっと胃が痛くて何を食べても胸焼けがしていた。胃薬を飲んでごまかしても、翌日はまた同じことの繰り返し。セルフヒーリングをすればいいのだが、これまたそんな自分をケアするヒマがあったら、メールのひとつでも打たなきゃと、忙しい中で常に胃痛と戦う日々であった。

それがこの日のフォーカシングの実習で私がクライアントになって、フォーカシングの誘導を受けた直後、あれほど痛がっていた胃の痛みが突然消えた。
ほんとに突然に。

あれ?いったい私に何が起こったんだろう。

自分自身でこのフォーカシングによって気づいたこと。
毎日忙しさに追われて、「あれやらなきゃ、これもまだやってない、急がなきゃ。みんなの為にもっといいケアができるためにはどうしたらいいのか?私はまだまだ精進が足りない、責任を負っている。期待に応えて頑張らなきゃいけない。」などなど。
要するに日々自分自身を追い込んでいってたことをそのとき初めて自覚。
みんなの期待に応える為に自分にものすごいプレッシャーをかけていたのだ。
肩にしぜん力が入りすぎ、胸と胃に詰まるような感じがして、胃が悲鳴をあげていたことに初めて気がついた。

私はクライアント役になって自分自身の体の悲鳴を解放してあげることに成功。すると不思議なことにあれほど苦しんだ胃の痛みがスッとウソのように消えたのだ。
しかも一瞬にして。
あまりの即効性にさすがの私もぶっ飛んだ!こりゃすげ~!

セミナーが終わった後、恒例の懇親会にも参加。
なぜか私はいつもセミナー講師の隣の席に座る確立90%以上で、この日も遅れて会場に到着したにも関わらず、まるで用意していたかのように、矢野先生の隣にすんなりと座れた。これも不思議。

矢野先生になぜ自分がこのセミナーに参加したのかをやっと話すことができた。
じつは今年の五月頃、ひとりのクライアントを矢野先生の著書を参考にしてワークを実施したところ、見違えるようにその人が変身し、びっくりしたご家族が私の顔を見に来てくれて、なんと私からレイキまで受講するきっかけになったことがあったのだ。たった2回のワークでこれほどまでに変化をもたらしたなんて、なんとすごいのだろう、私はこの矢野先生に絶対会う!とセミナー受講を直感で決めて今に至る。

来年の1月ぐらいには矢野先生には沖縄に来て講演していただくことに決定した。
って私がただ正式に要請しただけで、日程も会場も押さえていないけど。笑

矢野先生の方から言われました。
「ねぇ、カズさん、ボクいつ沖縄に行けるの?」って!笑
先生ごめんね、沖縄に帰ったら早速動きます。
みなさん、ぜひその時は講演聞きにきてくださいね!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 12, 2005

今日から東京その2

4時すぎに、品川から移動する電車の中では私の前に5人の白人の外国人がいた。最初はただの外国の方と思っていたのだが、ふと気づいたのは目黒にさしかかった頃。

ちょっと待てよ?なんだかこの人、見たことある。誰だっけ?誰だっけ?

目をグルグル回しながらやっと気づいた!
前サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエなんである!
まさか!と思って何度も何度も目を見開いて見ても、やはりトルシエだ。
渋谷で降りて行くときにスタッフはボール用のバッグとスタッフ用の許可証を首にぶら下げていた。
私だけではなくて、気づいた人も何人かいたようだった。

トルシエといえば「なにがなんでも頑固にフラットスリー」を思い出す。
要するに相手のオフサイドを誘うために、ディフェンス3人でラインを上げ下げするのだが、これが3年前のワールドカップの時に相手に研究されてしまい、裏を取られていた。
トルコ戦に破れた後の私は本当に一晩眠れないぐらいショックで悔しかったなぁ。

原宿駅で降りて青山で人と待ち合わせしていたので、ひさびさに表参道をぶらぶらと歩いてみた。表参道をちょっと外れて裏路地になかなか味のあるお店がたくさんあって楽しい。

待ち合わせの場所に現れたTさん、BMW325iで現れる。
おお~っ!と感動していたら、助手席を開けてくれた。
でも私はそれが私の為に開けてくれたとは気づかずに、ついつい貧乏人のクセで左の助手席に乗ろうとしたら、そこは運転席だった。笑
それにしても青山をBMWで走るって気持ちいい!
Tさん、紳士でどこに行くのもエレベーター乗るのも必ず私を先に通してから自分が乗る。アメリカに行ったとき以来こんなに大切に扱われたことはないなぁ。(アメリカではレディファースト) 笑

Tさん今日はありがとうございました。
ちょっと私もアイデアに詰まっていたとこだったので、沖縄に帰ったら速攻でチャレンジしてみます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2005

今日から東京です

突然ですが、今日11日から17日まで一週間ほど定例のセミナー出席&お仕事のため東京入りしております。
でもノートブック持参で行きますので、メールもブログもきちんと見ますし更新しますのでよろしく~。

那覇を飛び立ったのが丁度お昼だったのですが、今日はまた暑かったので、ついきっと東京も暖かいに違いないとまたまた甘い判断をしてしまい後悔...。今日から東京は寒いのだそうです。また服装まちがえた。さぶ~い!

そうそう,羽田に向かう機内でちょっとしたことがありました。
座席上の荷物棚にノートを入れようとしたら、なかなか入りきれなくて苦労していたら、横から女性がきて強い口調で私に言いました。

女性「ちょっと!これ花傘なんですよ、これっ!」
私「.........?」
 はぁ、それがなにか?ですよね。
女性「あなた、その荷物載せるんですか?」
私「.........?」
 あの~、もちろんのせたいから棚に上げようとしているんですけど。

要するに「あんたの乗せるスペースはないのよ!乗せたら私の花傘がつぶれるでしょ?」と言いたいわけであります。昔の若い頃の私だったら、ここでブチッとキレて「ファイト~一発!」ということになるわけですが、さすがに私も大人になりました。よしよし。笑

「さて、困ったこのオバハンはどうでもいいけど、どうしょうかこの荷物、こまったなぁ」
という顔していたら、丁度そのやりとりを見ていた50代とおぼしきスーツの紳士がすっと出てきて助けてくれはったんです。

紳士「ここはあなただけが利用するスペースではないでしょう?他のお客さんのことも考えてあげたらどうですか?」
私(心の中で)「わぁ~!ええで、ええで、カッコイイわ、おっちゃん、もっと言ったれ~!」
物静かな口調で言うのでかえって迫力がありました。
するとその女性はバツが悪くなったんでしょう。
「あなた失礼ですね!私だって、客なんですからねっ!」と周りに聞こえるように大きな声でわめき、その花傘を取り出して、客室乗務員に預かってもらいに行ってしまわれました。

紳士は空いたスペースをどけて私のノートを入れてくれました。お礼を言って座ったら、しばらくしてその女性が戻ってきて、ななんと私の隣に座りました。でもさすがにムカムカしていたのでしょう。クツで前の座席のシートにドカッと足を投げ出してました。

花傘を持っていくということは、つまりは琉球舞踊を東京で踊る方なのでしょう。こういう人が琉球を代表として踊るのかと思うとイヤですね、そんな人の踊る舞踊は見たくないです。
でも困ったところにスッと助けてくれた紳士の方はなかなか気持ちのいい方でした。

しかし私にこういう事が起こるということは何を意味しているんだろうと考えてしまいました。何かを象徴しているような気がしてならないのですが。なんだかいい予感がしています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 10, 2005

岩盤浴初体験!

レイキの受講生Tさんが勤めている岩盤浴の店長がたまたま知り合いだったことが判明し、先日早速その岩盤浴とやらを体験しに行ってきた。場所は国道58号線近くの久茂地川沿いのロイネットホテル裏手近辺にある「びぃ」というお店。

岩盤浴って文字通り温めた石の上にバスタオルを敷いてその上に寝そべって汗を出すだけ。汗をかいたら外に出て水を飲んで、塩や黒糖をなめたりしてミネラルを補給して、また中に入って汗を出す。これを3回ぐらい繰り返すだけなのだが、とっても気持ちいい。

ここの「びぃ」にはヒーリングルームという部屋に磁気の強い石を敷いた部屋があり、とてもいい波動を出している。この部屋で寝そべってレイキしながら瞑想するにはいいかも。

通常の高温のサウナと違って、低温でかつ湿度もあるため、息苦しさを感じない点15分~20分ぐらい平気で入りっぱなしが可能。しかも毛穴を開くことによって、邪気が取れるので、人のエネルギー吸って倒れるなんて人には特におすすめ。

私は岩盤浴のみ利用したが、そのほかにもフェイシャルエステやリフレクソロジー、ホットヨガエクササイズなども行っている。私のお友達の店長のバリニーズマッサージはかなりおすすめ。

天宝石温癒「びぃ」 那覇市久茂地2-21-17 電話098-863-2949

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 08, 2005

アメイジング・グレイス

歌手の本田美奈子.さんが急性骨髄性白血病で亡くなった。
昨日からの彼女の報道が流れるたびにバックにアメイジング・グレイスが流れ、彼女の透き通った声が響く。
魂の底に響き渡るような美しい声。

先月回復した記念にと作られた最後の作品となったミニアルバムが発売されていた。
そのアルバムのジャケットを見て驚いた。
天使か天女が天に空高く昇るように見え、とても透明な気高いオーラを感じる。

アメイジング・グレイスは知っての通り賛美歌である。
神にささげる歌。
しかもなぜ選曲がアメイジング・グレイスだったのだろう?
まるでもう天に召されるそのときが近づいているのを知っているかのように。
なんかそれを思うと悲しくなる。

懸命に生きて歌を愛して最後まで舞台に立つことだけを夢みていたという。
どうして天は志なかばの魂をこんなにも急がせたのだろうか。

アメイジング・グレイス
私を救ってくれる
かつては見失った道
今はもう正しい道を見い出すことが出来た

見えない目も見えるようになり
やっとあなたの傍に
多くの危機や苦しみ誘惑から
この愛が私を救い
ここまで導いて来てくれた

そしてその大いなる愛は
私を懐かしい家路へと
帰りつかせてくれる

美奈子さんのご冥福をお祈りします。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

November 07, 2005

レイキ交流会報告

今回は初めての試みで、てぃだ沖縄さんの会場をお借りして行われたわけですが、なかなか20人も集まるとすごいですね。
ひさびさにキンチョーしました。
なかには遠くの方は今帰仁村から来てくださいました。
参加者のみなさんお疲れ様でしたね。

みなさん来てくれてどうもありがとう~。

今回の主な内容はレイキとクリスタルとアロマを使った簡単なヒーリング方法でした。
特にアロマの基礎知識と身体に現れるエネルギーの上下・左右のバランスについて講義しました。
なぜグランディングがこんなに大切なものなのかをわかっていただけたかと思います。
そしてそれぞれにペアを組んでもらっての実習も行いましたが、さすがに20人もいるとにぎやかでしたね。
それぞれに効果を体感できたようで、みなさんの輝くような笑顔がとても印象的でした。
私もとてもうれしかったです。

もっとやりたいことはあったのですが、いかんせん20名超えると4時間が限界ですね。
時間配分を考えてなかったので、気がついたらもう日も暮れかけてて私の方があわてちゃいました。

レイキサークルも今回は人数が多くてやりがいがありました。
人数が多ければ多いほど、回るエネルギーも強力になりますので、ほとんどの人がなんらかの感覚を感じることができたと思います。
多くの人が目を閉じているのにまぶしい光を感じて驚いたという声があちこちから聞こえましたが、レイキってもともとが光エネルギーなんですね。だから日ごろから12ポジでも他人へのヒーリングでもいいので、とにかく光と自分を同調することを心がけていると、確実にあらゆることが変化し好転してきます。自信を持ってやってくださいね。

1ヶ月半に一度ぐらいの割合で企画していこうと思っていますので、また良かったら参加してください。

会場を快く提供してくださった、てぃだ沖縄の島袋千鶴子さんにはほんとに感謝してます。
そしてウメ・タカともどもにゴチになりましてありがとうございました♪

| | Comments (4) | TrackBack (1)

November 06, 2005

ハッスルマニア2005

すみません、こんな話題で.....。苦笑
今日は格闘技について書きたくてさぁ。

先日の3日に横浜アリーナで行われたハッスルマニア2005
スカパーで録画してもらったものを格闘技マニアの友人から借りて見ました。
誰か見た人いますか?

もうね、おバカすぎて抱腹絶倒笑いっ放し。
これ面白すぎ!

なぜ和泉元爾が?からはじまって、しまいにはレイザーラモンHGが登場!
それにしてもHGの素人とは思えない動きにびっくり!
それもそのはず、大学時代にプロレス同好会で優勝していたらしい。
あの大学プロレスって面白いのよね。

ちなみにHGはこれに出場するために、まじめに道場に通ってトレーニングを積んでいたらしいです。
ほんとに技のキレ味よかったしびっくりしました。
あいかわらずHGはお下劣なんだけれども、高田総統はHGに食われて、マイクパフォーマンスでは完全に負けてました。

ああ、ひさしぶりに大笑いしてスッキリしたわ、わたし!

プロレスって真剣勝負っていうイメージが強いけど、真剣勝負系格闘技はいまやK1や総合格闘技などに人気を奪われている。
生き残るにはやっぱりエンタメ系格闘技なのかなぁ。
それはそれで面白いからイイかな。

私はこれで十分楽しめました。
だれか見たい人はビデオ貸します。笑

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 04, 2005

6日のレイキ交流会

レイキ交流会は予定通り今週の日曜6日、一時半からてぃだ沖縄さんの三階で行われます。
おかげさまで参加者はもう20名を超えています。
たくさんの参加応募ありがとうございます。

現地は那覇近辺から来ると遠いですが、高速北インターから来る人は、インターを降りて正面の道をまっすぐに3キロぐらい走ると交差点左側にマックハウスが見えます。
そこを左に曲がってあとは3キロぐらい道なりに走ってください。
ドラゴンという中華料理店が右に見えたら、そこを右にまがってすぐです。

てぃだ沖縄に着いたら、正面ではなく外階段がありますので、そこから上に上がってください。
それではみなさんにお会いできるのを楽しみにしていま~す!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 01, 2005

10月のおもしろ検索ワード大賞

忘れていました。
10月のおもしろ検索ワード大賞を発表します。

私は毎日これを覗くのが楽しみで楽しみで~。笑
検索ワードランキングで大笑いさせていただいてます。

大賞にノミネートされたいくつかを紹介します。

・マンジュウメ……………何なんすか?これいったい?
・男性全裸………………あははは!ちょっと、来るとこ違うでしょっ!
・ダーッ…………………お願い、猪木?マジで腹痛いよ...
・当たらない占い師……あなたは一体何を求めているんすか?
・ちびたのぶろぐ………タカ!だれか探してるみたいよ!

10月の検索ワードおもしろ大賞は「当たらない占い師」で検索ヒットしてきたあなた、
あなたに大賞は決定しました!
おめでとうございます!
すみませんが、賞品はありません。

当たる占い師だったらわかるけど、どうして当たらない占い師を探してるの?
なんのためですか?よくわかりません。
でも非常にインパクトが大きくて私を思いっきり爆笑させてくれました。
ありがとうございます。

これ以外にも意味不明のものはありましたが忘れました。
いまのところ、いちばん多いのは「沖縄」「てぃだ沖縄」「Healing-Okinawa」かな?
あとうれしいのは「レイキ」というワードでヒットが非常に増えています。

今月もどんな検索ワードでヒットしてくるかな?
たのしみ~。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ハロウィーンに思ふ

昨日行ったレストランでハロウィーンのかぶりものをした従業員が店内を回っていた。
そうか、ハロウィーン。

急にずっと前にハロウィーンの丁度その時期に、単身でニューヨークに行ったことを思い出した。
友人夫婦がニュージャージー州に住んでいたので、そこに何日か泊まったときのこと。
ちょうどその日がハロウィーンということで、友人夫婦はお菓子を玄関にたくさん用意していた。
近所の子供達が思い思いの仮装をして、お菓子をもらいにくる。
その光景がなんとも楽しくてかわいらしくて、笑いながら見ていた私。

ところがその子供たちがお菓子をもらう先に、険しい顔をした父親らしき人が遠くにこちらをじっと監視するように立っているのを発見。友人夫婦に聞くと、子供たちに危険が及ばないように、何かあったら守るように銃を持っているのだという。

これにはさすがに私もびびった。
アメリカではフツーの一家庭のとーちゃんが銃を持っているのだ。
日本人は銃などお目にかかる機会はまったくないので、これには非常に恐怖を感じる。

たとえばどっかのと~ちゃんとか~ちゃんが大喧嘩したとして、興奮したと~ちゃんが銃を手にしてズドン!なんて普通にあり得る。カッとなった時に、手近に銃があったら使ってしまうのが人間の心理なのではないか?
そう思うと改めてアメリカの病める一面が浮き彫りになる。

でもあの時の12日間ひとりニューヨーク滞在はめっちゃ楽しかったなぁ~♪

そういえば来月あたりからニューヨークは、ロックフェラーセンターのスケートリンクにクリスマスイルミネーションが点灯されるはず。
これ、毎年全世界でニュースで取り上げられるけど、ほんとキレイでステキなんです♪

それにあのスケートリンクの中のレストランで皿からはみ出たでっかいステーキを半分も食べられずに残した記憶が...。今ならリベンジは可能か?たぶんムリ。アメリカ人の胃袋は多分日本人の三倍はあるとマジでそう思うよ。
あの時のウェイターのカッコイイ兄ちゃんとの会話がとてもとても楽しかった。
彼はブロードウェイの俳優なのだが、それだけでは食えないらしくこうしてアルバイトして生計を立てているのだという。

いまなにしてんのかな?頑張ってるかな?
私のこと覚えてるかな?んなわけないよね。

こんな話を書いていたら、急にアメリカ行きたくなってきた。やばい...。
私来月あたり突然いなくなってるかも。笑

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »