« ついにフィットネスクラブへ | Main | ピアノ始めました »

July 01, 2005

長い夏がやってきた

今日から7月。やっと梅雨も明けたのでいよいよ沖縄の夏本番。
沖縄に来た当初は毎週のように海に出かけていたのだが、だんだん海があるのが当たり前になってしまい行かなくなってしまった。

うちな~んちゅが海は泳ぐとこではなくて、ビールを飲む場所だというのもうなづける。そうでなくても毎日日差しが強くて暑いのに、なにもわざわざビーチで体を焼く必要はないだろうという。そりゃそうだ。私も焼きたくないので、日差しがかげる三時頃から四時頃にビーチにでかけ、しかもTシャツを上から着て泳ぐ。

思えば大分にいたころは海水浴といっても、足元が見えないのでよく岩で足を切って血まみれで泳いでいた。しかしそれが当たり前ぐらいに思っていたのが、沖縄に来てからもう足元が見えない海で泳ぐなんて考えられない。神奈川の湘南の海をテレビで見て、あそこでみんな泳ぐのかと思うとこわい。

でも沖縄の人はそれだけいい環境にあるのだという自覚が足りない。外国人がビーチのクリーン活動をボランティアでやっても日本人は本土の人ばかりで沖縄県民がほとんどいないと嘆いていた。海とは当たり前のようにあるものだから、価値を感じないのだろう。しょうがないのかな。

ところで沖縄の夏は大分の夏と違い涼しい。日差しが強いだけ。大分は最高気温はひどい時は40度近くになるが、沖縄はきょうは暑いなぁといって33度ぐらい。海風が常に強く吹くので気温が上がらないのだろう。以外と沖縄の夏は過ごし易い夏。ただ期間が長いだけかな。今年はまたどこかに泳ぎにいきたいが、やっぱりビーチパーティーで行く機会の方が多いんだろうなぁ...。

|

« ついにフィットネスクラブへ | Main | ピアノ始めました »

Comments

ええっと、白状します。子供の頃、本土の海の砂浜が灰色なのは、公害のせいで汚染されたんだとカンペキ信じてました。もともと灰色の砂浜なんだと知った時は、びっくりしました!

それから、昔職場の子が湘南の海に行った時に、海が臭かったと言っていたのが、ちと衝撃でした。
何故~!?こわいよ~。

そんな私は海にはめったに近寄らない派です。

Posted by: ミカリーヌ | July 02, 2005 at 12:25 AM

お~ミカリーヌ!
こないだはどうもでしたね。
そうそう本土の砂はほんとに砂場にあるあの「砂」なんだよね。
対して沖縄はさんご礁のカケラだから、白くてまぶしい。
だから海も映えて美しいのだよなぁ。

湘南はすごいって、私の友人もみんな言ってます。
ほんとに水から異臭がするんだって。
ああそんなとこ絶対およげねぇ~!

Posted by: カズ@管理人 | July 02, 2005 at 12:44 AM

カズさんこんにちは!

沖縄、いよいよ夏到来ですね~。
本島はやっと梅雨らしくなってきたところ・・・。
先月宮古島に行きましたが、やっぱり晴れてこその沖縄の海だなあ、と感じました。
仕事中、沖縄の方のblogの写真やライブカメラをこっそり観ては、あのキレイな海に思いを馳せる毎日です。

ちなみに近所の海水浴場も、磯の香りが悪くなったような異臭がしますよ~!
同じ海なのに・・・。

Posted by: ももまろ | July 03, 2005 at 12:00 AM

ももまろさん、こんにちは。
そちらは関西だから梅雨明けはまだまだですね。
沖縄はもう毎日ジリジリ暑くなってますよ。
宮古の海はまた沖縄本島よりもずっとキレイです。
沖縄本島はダイビングスポットもだんだん少なくなってきているような気がするこの頃。

Posted by: カズ@管理人 | July 03, 2005 at 12:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55035/4783742

Listed below are links to weblogs that reference 長い夏がやってきた:

« ついにフィットネスクラブへ | Main | ピアノ始めました »