« June 2005 | Main | August 2005 »

July 30, 2005

信頼関係

ご存知の方も多いと思うが、私はじつは二足のわらじを履いている。

最も大切なパートナーとの間に不信感を生む事件があった。前日に確認していたことに相手がウソをついていたことが判明。最も大切な人だったので、信頼したい気持ちがあったのだが、信用はこんなことで確実に崩壊してしまう。相手はたいしたことないだろうとか、バレなければいいやと思っていたのだろう。ところが私以外の第三者からの偶然の電話でウソをついていたことが判明。私は大きな衝撃を受ける。

そして先日相手との仕事の関係を絶つことを決意し、それを伝える。相手は絶対に違うと言い張るが、一度崩壊した信頼を元にもどすのは至難のわざである。ウソをついてコソコソしていたのは事実なのだから。何を言われてももう相手に対する信頼はほとんどないに等しい。

誠実さや謙虚さのない人と同じ波動でいっしょに仕事するわけにはいかない。その後相手は私のことを調べまわったりして、あげ足とりまで始める始末。結局いろんな関係のない人まで引き出されて、うんざりするような事態にまで発展させている。私と彼の間の個人的な信用問題が関係のない人まで巻き込んでしまっていた。

最終的にはなにもかも私が大騒ぎしたことにされてしまい、私の知らないところで決着が図られていた。ショックで大いに傷つく。でももういいかぁ...という気持ち。私は同じ波動の仲間がたくさんいるから、楽しく笑いながら一緒に仕事することにしよう。

みんな女性でしかも年齢もおなじぐらいで楽しい波動なので、彼女達といるとホッと安心する。いつも和気あいあいで楽しく、しかもみんな考え方もまじめで人と人との信頼関係を第一に考えて行動する人たちなので、なにも言わないでも通じ合えてる肌感覚がある。

今回のようなことで自分は不幸だとか運が悪かったとはちっとも思わない。むしろ大切なことを学んで確認する気づきの一歩を与えられたことに感謝している。それによって私を傷つけた人たちに対しても気づかせてくれたという感謝の思いで手放すことが一番大切なことだと思った。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 27, 2005

キャンペーン大好評中

おかげさまでレイキティーチャー1周年記念半額キャンペーンが大好評で、予約がたくさん入っています。みなさんほんとにありがとうございま~す!ひとりでも多くの方にレイキの素晴らしさを知ってもらえることがとてもうれしく思います。まだまだ予約受け付けてますよ!

てぃだ沖縄の島袋千鶴子さんからも最近よく言われます。
カズさんが来ると手に汗かくよね、場所のエネルギーも一瞬で変わるよね、レイキはすごいよね!って。千鶴子さんににここまでお褒めいただくとほんとにうれしいです。最近は芸能人にもレイキを取得される方が増えているのだそうです。すごいですね~♪

で、レイキ受講生の方々には申し訳なく思うのですが、今月はレイキ交流会は開催できませんでした。ごめんなさい。来月にはなんとか開催したいと思っています。その際にはまたお知らせしますね。

お知らせです-------------------------------------------------------
今月の17日から北谷町のペットボックス隣のビルに、てぃだ沖縄プロデュースの占いの部屋「魔女ラムーン」がオープンしました。千鶴子さんが厳選し沖縄県内で実力を認められた占い師さん達がここで鑑定をいたします。詳細についてはまた後日ブログにアップしますのでお楽しみにしててね!
お問い合わせはてぃだ沖縄まで 098-973-1668

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2005

深夜の居酒屋に子供が走り回る

昨晩新都心のとある居酒屋で友人とふたりで飲んでいた。
深刻?な話で長引き、とうとうラストオーダーまで居残っていた。

日曜の夜で学校は夏休みということもあろうか、な~んと小学校低学年とおぼしき子供が走りまわっている。時は深夜0時をまわっていた。さらに驚いたことに奥の部屋で赤ちゃんの泣き声が...。すると若い母親があやしながら外に出て行く。ボーゼンとした顔で見送る私らふたり。

さらに私の横並びの奥には三歳くらいの幼児がタバコぷかぷかふかすこれまた若い母親の横で食事をしている。いっとくがこれは深夜0時を過ぎているのである。

いったい子供の成長に対してどう考えているのだろうか。自分が飲みたければ誰かに預けてから来ればいいのに。子供のことよりも自分の遊びが優先なのか?理解できない。

子供は眠る時間が大人とは質も量も違う。成長期にきちんと睡眠を取らなければ、思春期における性衝動を抑制できなくなる傾向があるといわれている。眠っている間に成長ホルモンが大量に促進される。この成長期に取るべき睡眠をとらないと、ゆがんだ性行動につながる恐れも十分にあり得る。

私の以前通っていたアロマテラピー教室の忘年会にも子連れで来て、しかも長いつけ爪をしたままオムツを代えるという信じられないような母親に出会ってびっくりした。いったいこれでどうやってオムツを替えるのか。子供に対する責任や危険回避よりも自分のファッションが優先か?ぜんぜん理解できない。理解したくもない。

子供ができるということは命に対して責任があるということ、結婚して家庭を持つということは自分ひとりの世界ではなく家族の調和と家族に対して責任を持つということだと思うけどなぁ。結婚していない私がいうのはヘンなこと?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 24, 2005

口に出すと実現する

最近は自分の思ったとおりに物事が実現するスピードが速くなってきたように感じる。
特に私などエネルギーを使った「思い」の世界の住人はことさらに体感していることだろうと思う。だから一度強いマイナスの思いに囚われてしまうと、まさにその「思い」も現実化してしまう。前向きで肯定的な思考よりも、不安や恐怖、猜疑心、嫉妬心などの思いの方がエネルギーが何倍も強い。不安な気持ちというものは、常に解決しない限りいつまでも本人の思考を支配するからだ。ネガティブな思いはさらなるネガティブな出来事を引きつける。その出来事によってさらにネガティブな思いに囚われてしまう。まさにネガティブスパイラル。

潜在意識にあるそういった不安や恐怖などを持ったままでいると、いくら肯定的に考えようとしてもできない。それを取り除くために、世にある成功法則の本ではいくつかの方法が紹介されているが、内容には私個人としてはちょっと説得力に欠けるようなものもある。ただそういう点において外側からのアプローチとして簡単なものではイメージして口にだす、書くというシンプルなものがある。これは願望実現に使える。

ちょうどタイムリーなことに神田さんの365日語録でいいものが送られてきたので紹介しよう。

題名: 【口に出すと実現する。】

キーワード:
いまの時代は、10年前と違う。
口に出すと、短期間で本当に実現してしまう。

解説:
あなたは、どんな目標を持っていますか?
いまからだったら、1年後にはどんな自分になっていますか?
目標を持っていないのだとしたら、それはあなたの可能性に蓋をしている
ことに他ならない。目標を口に出そう。

これなどは「口にだす」ことによって、耳に入り潜在意識に記憶される。書くのもいい。これをな~んだとバカにする人もいるが、だまされたと思ってやってみるといい。イメージは右脳、これを左脳で言語化してインプット。たったこれだけ。途方もない実現しそうにないものは横に置いといて、とりあえず努力すれば手にはいりそうな目標から始めてみてるとおもしろい。半年後にはすごいことになっているかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2005

今夜はすてきな満月

前回の記事で「ホーミー」という言葉にうちな~んちゅはえらく反応したらしく、私の携帯メールにも「カズさん、だっ、大丈夫ですか?この言葉は沖縄では放送禁止用語ですぜ。」とのご指摘が...。
私もこの言葉の意味にそういうものがあるとは知りませんでした。漫湖公園以来の笑撃でした。笑

ところで今夜の満月はすばらしいですよ。もう見えましたか?
しかも大潮の満月、エネルギーに満ち溢れています。でも事故がおこりやすいとのことですから、気をつけましょう。私はあまりにも美しいので、いまから海にでかけていってアースしてきま~す♪

| | Comments (11) | TrackBack (8)

July 20, 2005

瞑想ライブに行ってきた

先日の関野直行さんの瞑想ライブに参加した。
ブログを見て参加された方も何人かいて、主催者も大変喜んでいた。直行さんともしばらくお話して、あの本を書いた上での意図したことやねらいが、私が前回ブログに書いた内容と違っていないのを確認してほっとひと安心。精神世界がわかりにくいと感じる人にとっては、入り口にあって楽しく手にとれる本になると思うと伝えると喜んでくれた。

関野直行さんと内田達也さんという福岡のミュージシャンの方とのボイスセミナーという初めてのスタイルで、私もこういう新しい形は初めての体験。最初は直行さんの誘導による、アメリカの霊峰シャスタの山に登るイメージ瞑想から始まって、その後は内田さんのライブ演奏に聞き入る。

この内田さんはただものではなかった...。すごい!
ただのライブかと思いきや、これがまた全く違う。なにかすごく体感からして違う気がしていたと思っていたら、ボイスヒーリングになっていることに気がついた。

しかもびっくりしたのはホーミーという、昔のチベットの修行僧達が使っていた歌い方、鼻腔を振動させて声を出すとても難しい手法を使っているのだ。高音域と低音域が同時に出力されているような不思議な音。

このホーミーは以前NHKで特集番組にユーミンがチベットを訪問し、自分の歌い方とホーミーに共通点を見出して、訪問するという番組を見たことがある。このホーミーの出す周波数はほとんどアルファー波の周波数なのだ。アルファー波状態とはリラックスした時の脳波で潜在能力を引き出す効果があり、即ち癒しの効果があるというわけ。ホーミーの声を聞くと動物たちもおとなしくなって涙を流すという。

そしてそのホーミーの歌う周波数とユーミンの声の出す周波数がものすごく近かったのを覚えている。
ユーミンは歌は上手ではないけれど、あんなに人気があったのはひとつは声に癒しの周波数が流れていたからなのではないかと言われている。確かに鼻腔を振動させて歌う歌い方には不思議な効果があることがわかる。宇多田ヒカルもちょっとそっち系のような気がするけど。

この日は言葉も大事だけど、声も大事なんだと納得しますた。
とってもいい瞑想ライブだった。またやってほしいな。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 17, 2005

レイキティーチャー1周年記念

私がレイキティーチャーとして活動を始めて、早いもので一年が経ちました。
その間たくさんたくさんの人にお会いして、レイキの素晴らしさを曲がりなりにもお伝えできたことは本当にうれしいことです。

最近は徐々にレイキが注目されるされるようになってきて、興味を持たれて問い合わせされる方も一年前よりもずいぶん増えてきました。イギリスやドイツなどは医療保険の対象に認定されるなど、レイキは医療行為としてヨーロッパではずいぶん認知されています。またアメリカではレイキを取得している方は、医療専門学校でも優遇されるくらいレイキは普通になってきています。

日本も現在では医療関係者の中に、このような「氣」が体にもたらす影響についての認識が徐々に深まってきております。東京では医師や看護師、鍼灸師、気功師、リフレクソロジスト、アロマテラピストなど人の体に触れるお仕事をされる方々の中にレイキを学ばれる方が急速に増えています。

レイキは使えば使うほどにその効果が高まり、体も自己治癒力が増すので病気にかかりにくくなるし、霊的にも邪気などが受けにくくなります。潜在意識の深いところまで癒す作用があるので、過去に受けた心の傷やブロックなどを徐々に溶かしていきます。そうしていくことで、本人自身の波動が徐々に上がってくるので、知らず知らずのうちに心の安定が図れるようになり、また自分の波動の高さに合わせて運が上昇していきます。レイキを受けた方の7割から8割の方にはなんらかの心の変化や環境や仕事での変化があります。ある人は深い気づきを得て人生観が変わり、ある人は人間関係が向上し、ある人は霊的に開けてきたり、仕事の業績が上がってきたりと、たくさんの素晴らしい効果を実感しています。

また私はレイキと併せて潜在意識を知ってより夢や目標を実現するためのアプローチを、イメージ法や心理療法などを使って楽しく人生をクリエイトできるよう、学べる講座も同時に開催する予定にしています。たくさんの内容になると思いますが、開講日はまだ未定です。楽しみにしていてくださいね。

で、レイキティーチャー一周年記念ということで、大感謝キャンペーンをしま~す!

期間は八月の一ヶ月間レイキトリートメントを通常の半額一時間2000円でサービスします。この機会にぜひレイキの素晴らしさをみなさんに味わっていただきたいと思いますので、レイキをすでに取得しているしていないにもかかわらず、私の感謝の気持ちですのでぜひご利用くださいね。

またレイキ講座も大好評随時開催中です。
講座を受講された方は、二年間の無料アフターと定期的に行われるレイキ交流会に参加できます。
今月からはファースト、セカンド、サードに加え、レイキティーチャーコースも設けました。
レイキティーチャー、ヒーラーを目指す方は、親切丁寧にご指導いたします。

完全予約制ですので、メールでお知らせください。jzg01201@nifty.com
みなさんにお会いできるのをお待ちしてま~す!

| | Comments (7) | TrackBack (2)

July 15, 2005

本日の浄化グッズ

今週浦添の58号線を走るうち、ふと立ち寄ってみみたキングママ。
前々から気になっていたものがあったので、今日はこれをゲット。

spray
オーラソーマのエアコンディショナー、天使のシリーズ。

これがすごいんだ。シュッと頭上に吹きかけると、上半身とハートがじんわりと暖かくなる感覚が味わえる。不思議な感覚。聞くと、これ不要な感情や恐れ、不安などの浄化力がかなり強力だという。

使った人に話しを聞いた。
これを使って寝る前に「眠っている間に不要なネガティブなエネルギーを浄化してください。」とお願いして眠りにつこうとしたところ、次々と嫌なものがハートから湧き上がってきて、眠れなくなったという。それで起き上がって再度「眠りについた後に、浄化してください。」と言い直したら楽になったんだそうで。おもしろいね。

天使って人間がお願いしないと働けないらしい。
だからこのスプレーを使うときには、ちゃんと天使を呼んで口に出してお願いするといいんだって。
昨日の夜、これを使って「ネガティブなものを浄化してください」とお願いしたところ、足元がゾクゾクするカンジが来て、上半身がボッと温かくなる。ふっしぎ~。いろんなグッズを試してみるのは楽しい♪

またここで常時タロットをしているビディヤさんにお願いしてひさしぶりにタロットをしてもらう。私はもともと占い大好きなのでいろんな占いを試しているが、この方のタロットは今までで最高。カモワンタロットもいいが、OSHO-ZENタロットはすごい!しかもこのビディヤさんの実力も素晴らしいのだ。私のポジティブな可能性をどんどん引き出してくれる。カードを引けば引くほど、その内容がすべて私の潜在意識の奥の部分で腑に落ちる。ストンとくるカンジがこんなにくるタロットってそうそうお目にかかったことない。これはぜひオススメ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2005

やりたくないこと

先週4年ぶりに友人から電話が入った。
なんでも近くに事務所を開設したので来ないか?とのこと。早速その日のうちに訪問してみることにした。

彼と私は以前転職を考えていた際に、同じところに面接に行って知り合った者同士。私はその面接場所でその会社代表の宗教じみたお説教のような大演説を聞かされてうんざりしていた。また後日一次面接に合格したので居酒屋に呼び出された。すると彼も同席している。私はなんで居酒屋で二次面接なの?と疑いつつ席に座ると例の会社代表が出てきて、「さぁ、みなさん、うちの会社の業績を上げるためにはどういうアイデアがあるか、ひとりづつここでアイデアを出しなさい!」ときた。はぁぁぁ?なんで入社も決定していないのに?では不合格者からアイデアだけもらってハイさいならかい?そりゃあ、あなたルール違反ですよ、反則です、退場です!と小一時間問い詰め...。てはいないけどさ。

結局私は自分からお断りのメールを入れてこの会社への入社を辞退した。しかし彼は無事?合格して晴れてその会社に入社した。二年後ぐらいに彼から電話がありこの会社での仕事に少し関わることになる。が、彼はこの会社に入ったことを後悔しているようだった。基本的に従業員は使い捨て状態、高給優遇といいながら、実態はひどいものだったこともわかった。結局この会社はいまはなくなっているのだが。

前置きは長くなったが、じつはこの彼はウェブデザインやサーバー管理などで独立してやっている。私を呼び出したのは印刷のパンフレットで大急ぎの仕事を手伝って欲しいという依頼だった。金額も結構なもの。私は印刷とは一切関わらないと決めていたので、少し迷ったものの今回だけはとオーケーした。ところがこれがいけなかった。

会社時代の嫌な感覚が戻ってきてしまった。パソコンに向かうのが急におっくうになる。関係ないのに用事を作って出かけてしまう。帰ってきても本を読み始める。完全に逃げの姿勢に入ってきてしまっている。しかし急ぎの仕事なのに納期がどんどん迫る。まずい...。

翌日はきちんとやろうと思い、パソコンに向かうも集中できない。でも納期があるので、出かけられない。どんどんまずい状況になってきた。なんというのか体中に毒が回っている感覚がよみがえる。印刷の仕事をやっているときには、いつもこの毒が回り始めると感じるときは体調を崩すとき。案の定翌日から胃をこわしてしまった。

体は正直なもので、感情はすぐに特定の場所に現れる。やりたくないことをやっていると私の場合は必ずといっていいほど胃に表れる。また言いたいことが言えないで感情をためていると喉にでる。私はいつも喉と胃をやられる。

今回のことで気づいたこと。やりたくないことをやっちゃだめだ。たとえお金のためでもそれが自分にとって嫌なことであれば、やってはいけない。それぐらい私は印刷の仕事に対して心がノーと反応していることに気がついた。彼も疲れきった私の顔見て「ほんとに印刷から足洗ってたんですね。わかりました、もうDTPの依頼はしませんから。」と言ってくれた。ほんとにすまぬ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

July 12, 2005

橋本真也急逝

エッ、マジで!?
昨日の午前の突然の訃報を聞いて衝撃が走る。あわてて昔の格闘技好きの男友達に連絡をとる。
「うん、マジショックだよ。新日の一時代を築いたのにな...。」

私は今こそは格闘技から離れ気味であるが、その昔じつは新日本プロレスの大ファンだった。
那覇の市民体育館に来たときには、花道で武藤や健介にタッチして大喜びし(アホ丸だし)、奥武山の武道館に猪木が来たときには、客席を飛び出してリングサイドに駆けつけて「1・2・3・ダーッ!」をして大はしゃぎしたこともある。(大アホ)

橋本は特にファンというわけではなかったのだが、とにかく入場テーマソングが大好きで一時私の携帯の着メロは橋本の入場テーマソングだった。なんか熱くなるテーマなんだなこれが。思わずこぶし握ってヨシッて気合が入りそうで...。

昨日からなつかしい「破壊王」の異名が流れるたびに、若すぎる死に心が痛む。
小川との一騎打ちから引退宣言してからは、まったく姿が見えなくなってしまい、時代的にも総合格闘技の方に人気が流れていったというのもあって、いつの間にか存在を忘れ去られていた。そのうち「ハッスル!ハッスル!」と叫びながら出てきたのには、ブッ飛んでしまったが、またまたそれもフェードアウトしてしまっていた。

それがまさか急死したとは...。
なんだかプロレス自体がいま衰退している状況で、一時代を築いたヒーローが去ってしまうのはほんとにさびしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 10, 2005

ご案内で~す!

きたる7月18日(月)に「感じるカラダ。」の著者でもあり、メンタルコーチングの第一人者である関野直行さんが沖縄にいらっしゃいます。
今回は内田達也さんというミュージシャンの方とのコラボレーションになっています。
ギターの旋律に合わせてのイメージ瞑想&ライブが行われるそうです。

直行さんのイメージ瞑想はいつもファタスティックでとてもステキです~♪
瞑想というと座禅組んで無の心境というイメージを想像されるかもしれませんが、そんな堅苦しいものではありません。なんというかイメージで遊ぶというカンジかな?自分ひとりで瞑想すると爆睡してしまうという人は一度誘導瞑想を体験されるのもいいかもしれません。なんともいえない心地良さを体験できますよ。

また当日「感じるカラダ。」の本を持参された方には入場料2500円が2000円に割引されるし、当日会場で新刊を購入される方も2000円で入場できるそうです。また直行さんの直筆サインもいただけるらしいですよ。なんだか直行さんからサインもらうって、私は照れるけどなぁ。

日 時 7月18日(月) 午後六時半~
入場料 2500円 
      (感じるカラダ。をご持参の方は2000円、また会場で新刊本を購入される方も2000円です)
場 所 浦添市産業振興センター 結の街 大会議室
ご予約お問い合わせ
     wr-marin@s2.dion.ne.jp 佐久本  090-4993-2177  仲村まで

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 09, 2005

頑張らないこと

私は去年会社員生活を辞めて、今年から自分の好きなことをして生きる道を選んだ。
自分の一生というものを見つめる機会を得て、なんの為に頑張っているのか、誰のために頑張っているのか、ではこのままいくと自分はどこに行き着けば満足するのか等々考えをめぐらせながら、ふと気がつくこの言葉。

「頑張る」

私をはじめ日本人はやたらこの言葉を使いたがる。ある意味、生真面目な日本人的な言葉だ。
英語で言うとなんと言うのか、頑張るという単語、熟語はあまり思いつかない。
Do your best! とかTake it easy!とかかな?
直訳すると「最善を尽くす」とか「自分のペースでね」とか。
なるほど英語にするとずいぶん表現がやわらかくて、日本語の「頑張る」ほどはプレッシャーには感じない。

で、私はある時から「頑張らないこと」に決めた。
「頑張る」という意味には、いま現状でも努力しているけれどもまたさらに自分に負荷をかける、つまり今現状の自分を認めることではなく、苦労と努力を重ねなければ目標に到達できないことを、自分自身に暗示をかけることのように思えてならない。これでは苦労しなければ成功しないと自分で自分に決め付けているようなものだ。

自分のやりたくないことをムリしてやることは、自分自身を痛めつけるだけだし、自分を認めることや自身を愛するとはほど遠いことに気づいたから。それに「頑張る」って誰の為に?他人の期待?家族の期待?

そうやって頑張るというプレッシャーから解き放たれた瞬間から心がゆるんだ。不思議なことにそれまであんなにイヤイヤやっていたことが、たいしたことないと思い始めた。そうすると何に対しても、前向きに心が変化して急にやる気が出てきた。いま考えてもあの変わりようは不思議なくらい。

結局「頑張れ」という言葉ほど無責任な言葉はない。べつに人からいちいち言われなくてもみなそれぞれにできないなりにも頑張って生きている。それをさらに尻を引っぱたいて「頑張れ」と要求する必要はない。
うつ病患者には「頑張れ」という言葉は、絶対禁句であるが、私はそうでない人にもあまり使わない。
だから人にはいつも「別に頑張る必要ないよ、自分のペースでやればいいから。」というようにしている。

でもやっぱり沿道でマラソン選手を見たらやっぱり「ガンガレ!」って声かけちゃうだろうなぁ♪
調子よく場合によって使い分けしよっと。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

July 07, 2005

貴乃花騒動

貴乃花と花田家の確執を連日ワイドショーがおもしろおかしく取り上げているが、マスコミってほんとに無責任だね。
持ち上げては落とし、またまた持ち上げては落とし...。

先々週ぐらまでは、貴乃花が各テレビ局に連日出演して勝手放題に言い散らかしていた。それを耳にするたびに、いや~な気がしていた。彼の目つきもおかしいし異常な執念を感じる。
私は他人の遺産争いには興味はないので、サッサとチャンネルを動かすのだが、同時に他の番組でも同じものを取り上げている。困ったもんですわ。
彼の精神レベルや程度が低いといってしまえばただそれだけのことだが、つくづく感じるのは、相撲一家として特別な環境に育つとこうも激しくズレるものなのかと思う。

彼の言っていることはすべて憶測が多いのである。
「花田氏が~をねらってのことだと思います。」とか「たぶん彼のさしがねでしょう」とか。
聞いてるとこんなのばっかり。
事実なのかそうでないのか確かめてから言及すべきで、確認もせずに人を非難すれば、公共の電波に乗って情報としてひとり歩きを始めてしまうのである。
兄が憎いのか何なのかは知らないが、その兄ににも家族がある。世間体や立場もある。そういうものを一方的に傷つけて何が満足なのか理解できない。

そうしたところへ花田氏の相続放棄。
振り上げたこぶしの降ろしどころがわからないとはまさにこのことだろう。
翌日の貴乃花のコメントは、意味不明の支離滅裂であった。
欲しくて欲しくてたまらなくて、憎悪の限りを尽くして非難していた相手がスッと肩をかわす。こういうときは相手の土俵に乗ってケンカをしないことだ。

兄と弟の確執などどこの家庭でもある話。
財産争いという醜いドラマというよりはほとんど貴乃花のひとり相撲を見せられたカンジ。

自分の出したものは、当然自分に帰ってくる。いいものも、悪いものも、すべて。
憎悪という想念は強いエネルギーでやがてはすべてが自分に帰結する。
いったい彼はどこでそれを悟ることになるだろうか...。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 04, 2005

感じるカラダ。を読んで

karada

待望の「感じるカラダ。」
アマゾンから取り寄せ、宅配のおにーさんへ受取のサインをするそばからもう箱を開け始める始末。半日で読んでしまった。本の巻末には私の親しい友人さくどんの名前も入っている。おお~っ入ってるやん!とひとり叫ぶ。

本の内容をあらまし説明すると、いわゆる今話題のセレブの女性達とは、幸運体質を持っている。そういう女性達には共通点がある。それは心と体がバランスよくて、常にリラックスしている状態。幸せを感じ取れる感性のあるカラダを維持しているということ。

なんとタイムリーなことに、私は最近自分の心のバランスを維持するには体のケアがものすごく大事で、いままでそれをおろそかにしていたと気づいていた。食べ物にしても楽しんで好きなものを食べることよりも、食欲を落ち着かせるための食事になってしまい、ボディバランスが崩れかけていたこと。そして、ストレスからくる体の緊張を減らすことでリラックスして集中力が増すので、なるべく時間があれば体をいたわり楽しませることをしようとスポーツクラブにも通い始めたこと。はぁ~っ、みごとにシンクロしてますねぇ!

カラダは大事なんですよ、ほんとに。最近つくづくそう思い始めたときにこの本。すばらしいタイミング!

カラダが変わるとココロが変わる。
カラダの緊張を緩めてリラックスすることで、ココロにも余裕が生まれ、前向きで魅力的になり、幸運な人、物、お金も寄ってくる。私の周りにもそういう人はひとりいる。確かに幸せそうな人にはなにか不思議な余裕があって、年齢に関係なく美しい。ああ、あの人みたいになりたいなと自然に思わせる人。すごいお金持ちなのにちっとも威張ったとこがなくて、常に誰とでも笑顔で接している。ちっともガツガツしていない。

話は戻すが、この本にはさまざまなカラダの中の意識にフォーカスして、感じ取る習慣をつけることで、潜在意識にアクセスしやすくする方法を具体的に紹介している。
これじつは正確にはトレガーワークといわれるもの。トレガーワークとは本来の人の体は自由に動くはずなのに、心が無意識にその動きを制限してしまっているという考え方、これを本来の持つ自由な体に戻していくことで、心の縛りや制限を解いていく方法を説いている。それをこの本では4コマ漫画を使ってくわしく絵入りでいろんなお手軽ワークが描かれている。中でも私のお気に入りなのは、「白鳥の羽のワーク」。息を吸いながら、手を鎖骨から羽があるイメージで後ろに投げ出す。そのときに一緒にアファーメーションする。

な~んて大きな羽なんでしょう!

私コレが特にお気に入りでなんどもやってみた。知らない人が見たら頭いかれてるんじゃないかと思われるかもしれないが。そして手を投げ出した後が重要。目を閉じて自分の体が腕がハートが「どう感じているのか」をじっくり味わう。なんだかすぅ~っとした感じで、ほっとして、ハートが暖かくなる感じがする。そこで初めてきづいた。「あれ?私もまだまだどこかに緊張してた部分があったんだな。」って。

いまこの本に書いてあるワークをつぎつぎと試しているが、体を変えるだけで心の状態までもが変わってくるのを実感できると思う。マイナス思考に陥りやすい人には特におすすめ。不安や恐れを手放すのがいいのははわかっていても、それができないから人は皆苦しむ。だったらいっそのこと、カラダの方からアプローチしてしまえばいい。自分を本気で変えたい、幸せ体質になりたいと望む人にはぜひぜひ参考になる一冊だと思う。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 02, 2005

ピアノ始めました

最近私はいろんなことに挑戦している。
スポーツクラブにも入ったし、そしてそして今日からな~んと、ピアノを習い始めちゃった。場所はアロハカフェつながりのハワイアンの音楽教室。普段はウクレレ教室なのだが、今日から私がピアノ教室の生徒第一号ということになった。

小さい頃からピアノが弾けるというのはひとつの夢だったので、かなえられてうれしい。といってもぜんぜん弾けないのだがもうすでに弾けるつもりになっている。それってすごく大事だよね。

高校の頃ブラスバンド部に所属していたから、楽譜は読める、いや読めるはずだったのだが...。月日というものは恐ろしいもので、私の脳からすっかり記憶が消し去られていたらしい。笑
いちからやり直し。でも最初にコードから習うので、基礎練習というよりも最初から楽しみながらできて、今日の内容は大満足。ゆくゆくはノラジョーンズのような弾き語りができたら,,,と胸をふくらませる私。ふふふ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 01, 2005

長い夏がやってきた

今日から7月。やっと梅雨も明けたのでいよいよ沖縄の夏本番。
沖縄に来た当初は毎週のように海に出かけていたのだが、だんだん海があるのが当たり前になってしまい行かなくなってしまった。

うちな~んちゅが海は泳ぐとこではなくて、ビールを飲む場所だというのもうなづける。そうでなくても毎日日差しが強くて暑いのに、なにもわざわざビーチで体を焼く必要はないだろうという。そりゃそうだ。私も焼きたくないので、日差しがかげる三時頃から四時頃にビーチにでかけ、しかもTシャツを上から着て泳ぐ。

思えば大分にいたころは海水浴といっても、足元が見えないのでよく岩で足を切って血まみれで泳いでいた。しかしそれが当たり前ぐらいに思っていたのが、沖縄に来てからもう足元が見えない海で泳ぐなんて考えられない。神奈川の湘南の海をテレビで見て、あそこでみんな泳ぐのかと思うとこわい。

でも沖縄の人はそれだけいい環境にあるのだという自覚が足りない。外国人がビーチのクリーン活動をボランティアでやっても日本人は本土の人ばかりで沖縄県民がほとんどいないと嘆いていた。海とは当たり前のようにあるものだから、価値を感じないのだろう。しょうがないのかな。

ところで沖縄の夏は大分の夏と違い涼しい。日差しが強いだけ。大分は最高気温はひどい時は40度近くになるが、沖縄はきょうは暑いなぁといって33度ぐらい。海風が常に強く吹くので気温が上がらないのだろう。以外と沖縄の夏は過ごし易い夏。ただ期間が長いだけかな。今年はまたどこかに泳ぎにいきたいが、やっぱりビーチパーティーで行く機会の方が多いんだろうなぁ...。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »