« April 2005 | Main | June 2005 »

May 29, 2005

バイリンガルな沖縄のおばぁ

私は大のお風呂好きなので、宜野湾の温泉アロマによく行く。
ここは波動がとてもいいので、邪気払いにもいいし、沸騰して考えすぎた頭をクールダウンさせるのには、ちょうどいいところ。

二年前ぐらいだったか、嘉手納エアベースのアメリカ人女性が私と露天風呂で一緒になった。
「う~んやっぱりあちらの女性のボディはダイナミックでうらやましいなぁ」
などと考えていると、その彼女が突然私に話しかけてきた。

「ここの水は飲んでもいいの?」

おお、このぐらいならまだ会話できるぞと思い、すかさず「Sure!」と答えようとしたら....
どっかのおばぁが待ってました!とばかりに登場。

「ええ飲んでもいいわよ。あなたどこのベース?私は若い頃ベースでウェイトレスしてたのよ。いま娘がペンシルベニアにいるの、あなたはどこの出身?」とすんごい流暢な英語でまくしたてた。
私と周りにいる若いおねーさん達はびっくりして、眼をまるくして口をあんぐり開けたまま..。

しかも、それだけではなかった。
その他のおばぁもまた流暢な英語でまたまた会話に加わるのだ。
もう英語が使えるのがうれしくてたまらないといった表情で。
もう、すごすぎ!

さっきまでうちな~グチで話していたというのに..この見事な切り替わりよう。
英語とうちな~グチを見事に使いこなす沖縄のおばぁはカッコイイ!と感動した日であった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 26, 2005

アロマの見分け方

今日はアロマについてもっと詳しく知りたいという方からのメールをいただいたのですこし。

アロマは現在癒しの必須アイテムとして、日本中どこにでもお目にかかれるようになりましたが、その種別はピンキリで雑貨屋などで見かけるものや、果ては100円ショップにまで並んであるものなどいろいろ。
これらを正確な取り扱い方や知識もないまま、子どもが誤飲するという事故があったりすると取り返しのつかないことになりかねません。それに最近はエステで気軽にアロマが取り扱われるため、マッサージを受けて品質の悪い精油にかぶれて皮膚炎をおこして病院通いなんてこともよく聞くし。
正しいアロマの使い方についてもっともっと認知されなければならないのですが、なかなかアロマも種類が多く精油別にもまたいろんな効能や取り扱い方も違うので、当ブログで詳細に記するのはちとムリかな。

ではではいい精油の見分け方やチェックポイントは?
キモタイプの精油は特殊なので、ちょっと除外しますが、まずは植物名が学名で表示され、原産国も表示されていること。そして大事なのは100パーセント天然であること。原料ハーブの抽出部分が明記されているもの。
などなどまだまだあるのだが、ほんとにこれは素人判断では難しいです。
だって100パーセント天然を謳いながら、前述したように実は農薬を使って栽培していたなんてこともあるのだから。

沖縄に出回っている精油は種類が少ないので、私も信頼できるところから仕入れたり、あとはネットで購入したり。それでも知識の無い人が取り扱うのはやはり危険だと思います。特に肌につける場合には希釈濃度も非常に大事だし、妊娠中にローズマリーやジュニパーを使うのは危険だし。

結論としてはやはりきちんとネットで知識をある程度仕入れるか、信頼できるアロマセラピストのいるお店などで購入するのが一番だと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 24, 2005

神田昌典365日語録

私はご存知神田昌典さんの大大大ファンである。
精神世界系の本を5冊読んでも、神田さんの一冊の方が何倍も腑に落ちる。
本田 健さんもそう。
私はどうもそっち系の方が似合っている。苦笑

ビジネスの世界はお金儲けの世界だから汚いと思う人が日本人には多いが、私は絶対にそうは思わない。ビジネスとはある意味人生修行ようなもので、その人の人生観そのものをあらわすものだと思う。お金をエネルギーであるという観点で見ると、経済ほどおもしろいものはない。

彼の何がいいって超現実主義でありながらも、ユング心理学、占星術、シュタイナー理論などの超感覚的な感性を総合しながら、ビジネスの世界を独自の視点から哲学している、今まさに旬な男。
そして私のもっとも尊敬、注目している経営コンサルタント。
講演会は一年先まで予定がつまっていて、めったに会えないらしい。う~ん突撃潜入してでも会いたい!

私の毎日愛読しているメールマガジンに「神田昌典365日語録」というのがある。
以下には今日送られてきたものを引用する。

「カリスマになれる人、なれない人」

■キーワード:
 野獣でありながら、深く優しい。
 男性性と女性性をあわせ持つことがカリスマになるための秘訣。

■解説:
 あなたは自分のなかの女性性を愛しているか?男性性を愛しているか?
 多くの人は自分自身の弱いところを抑圧している。
 弱いところを抑圧すると、自分自身の強いところも十分能力を発揮できない。
 抑圧するのではなく、それを認めることで、
 自分自身についての理解が深まり自由になる。
 あなた自身が輝くようになる。

 あなたは、このヒントを今日、どう生かしますか?
 ※知っているかどうかではない。問題は、実践しているかどうかである。

と、こんな感じ。
ビジネスマン向けにしては、なかなか深いと思いませんか?
今日の言葉なんて、真理をついている。女性でも女性性を抑圧している人いるし。(去年までの私でした)
精神世界系のことを深く理解していないとここまでは普通のビジネスマンは書けない。
彼はボルテックスヒーリングの望月さんともお友達のようだから、レイキのこともよく知っているはず。
ほんとに会ってみたいなぁ。誰か会わせてっ!

| | Comments (6) | TrackBack (1)

May 22, 2005

レイキ交流会&勉強会

レイキ交流会&勉強会、本日ぶじに終了しました。
前日にキャンセルが続出して、人数が少なくなってしまいましたが、少人数なので逆にひとりひとりにゆっくりとたくさんのお話ができて良かったと思います。
参加者のみなさん、来てくださってありがとうございました。
お疲れ様でした。

今日の内容は、背骨調整法、潜在意識にプラスに呼びかける方法、レイキサークル、レイキマラソン、透視リーディングゲーム、コーラ味変えなどなど、結構充実した内容になりました。
特に背骨調整法は簡単にこんなことができるなんて!と受講生みんなでびっくりしていました。
イメージの力のすごさを実感してくれたようです。
講師もみんなに喜んでもらえてうれしいっ♪

私から講座を受講しても、ひとりで黙々とやっていて、他の人はどうやっているんだろうと思っていたけど、他の人とお話して確認できてよかったという人、自分のパワーがあるのかないのかわからなかったけど、レイキサークルをやって初めて実感できたという人、背骨調整法を知って驚いた!という人などなど、いろんな方が今日来てよかったと大喜びして帰っていきました。

またまた来月もイベント開催します!
「エ~なんだよ~、受講者だけかよ~」という苦情も寄せられましたので、来月は講座を受講していない方のためのイベントも企画します。
なにをするかはまだ未定ですが、楽しいこと考えてます。
そのときはぜひぜひどなたでも気軽にいらしてくださいね!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 21, 2005

幸運は自分で引き寄せられるもの

一度自分の中で、あることに対して決断して動き出すといろんなシンクロが次々と起こる。
必要な人に出会い、その縁からまたいろんな縁が広がり、また必要な出来事や物に次々と遭遇する。しかも絶妙なタイミングで。毎日が洗濯機の中で回されているような日々が続いた。
幸運の運気の波に乗っているときって、こういうことを言うのか!と実感する日々。

その経営セミナーは半年間続けられた。
単なる経営学というよりも精神論的側面が強く、私には内容的にかなりの不満も残ったが、これも自分にとって必要なことだと受け止め、なんとか卒業までこぎつけた。
主宰者にはたいへん感謝している。

このシンクロが起こるシステムというのが今回の流れのなかではっきりしたことは、自分の好きなことやりたいことにエネルギーを向けると、急に幸運のシンクロが次々と起こってくること。これは以前紹介した「フローの法則」と一緒だ。

イチローは野球が小さい頃から好きで、将来はプロ野球選手になりたいという目標を小学校の文集に書き残している。イチローはなにもオヤジのチチローに無理やりバッティングセンターに通わされたわけではない。本人がそれが好きで練習が楽しくて仕方が無かっただけのことだ。練習というとキツイというイメージが強いが、野球がほんとに好きなイチローにとっては練習も楽しんでやっていた。それに将来のイメージが明確だったし、潜在意識の中にほんとに実現可能なイメージとして紙に書き記すことで、強力にインプットされていたのだと思う。

であれば、ほんとに自分の好きなことが明確になっているのであれば、人間なるべく好きなことした方がいい。
好きなことであれば、努力することが嫌ではないし、好きなことに没頭しているときの人間の波動は最高にいい状態をキープしている。当然シンクロもたくさん起こってくる。物事が急速にうまく回転しはじめる。

ちょっとしたコツで幸運は自分で引き寄せられるもの。
それには好きなことを見つけて楽しめることが一番。
シンクロの嵐を起こそう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

本心から喜ぶことを選択する

いまどきの若者が大学を卒業してもなにをしていいのかわからないという。
確かに若いときは自分探しをして放浪するのもいいかもしれない。それぞれに必要なプロセスかもしれないし。
でも本当に悩んだときには、自分の好きなこと、好きなものを思い出しながら、紙にリストアップしていくのも以外に自分のやりたいことが明確に整理されてくることもある。

私が会社員生活をずっとしていたときに、思ったことは、自分の為になる仕事をしているのか?会社の実績に貢献することなのか?生活の為なのか?いつも自分に自問自答しながら、好きでもない仕事をしていた。
当然朝起きるのがつらく、タイムカードを押す瞬間から身体がどっと重くなり、朝礼が始まるとため息がでる。午前中はお昼休みが待ち遠しく、お昼が終わると終業までの時間を逆算する...という生活。
やれやれ今考えてみればストレスはたまるはずだ。
いつも偏頭痛と肩こりに悩まされ、会社の制作スタッフの中では「腰痛友の会」と「頭痛友の会」にいつの間にか入会させられてしまっていた。

おととしのある日にふと、「もう私はこのままじゃ嫌ぢゃ!私の人生を楽しく生きるべきっ。大好きな人に囲まれて、好きな仕事をして、時間に縛られない自由な時間を手にいれたい。そしてお金の心配もすることなく、なおかつ世の中に貢献するような仕事をしたい。」突然そう思った。ほんとに突然。

そう決めてから、びっくりするようなことが。
あるサイトで独立したい女性のための経営セミナーの募集が入っていたので、迷わず応募のメールを出したところ、その主宰者から来た返事には「あなたを無料でモニターとなってもらい、半年間のセミナーを受けてもらいたい。」ということだった。
そのセミナーは結構なお値段だったので、無料と聞いてびっくり。
すぐに飛びついたのはいうまでもない。

長くなるのでつづく..

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 16, 2005

運命とは自分で決めるもの

東京から来た友人とともにてぃだ沖縄へ。
今回はきちんと同席しての鑑定に了解を得たので、最後まで拝聴した。
以下の内容はきちんと本人の同意を得て公開している。

彼女はひとり娘でずっとご両親を支えてきた頑張り屋さん。
鑑定も主に自分のことよりもまずご両親のことを心配している。

しかし鑑定が始まっていきなり驚愕の事実が!
なんと彼女のお母さんは実は去年は寿命の年だったのだという。今生きていることが奇跡のようだと。なぜそんなことがわかるのか、と思い私も身を乗り出して話を伺う。そしてそれがなぜ具体的にどこがどうそうなのかをひとつひとつ数字と干支などを挙げながら説明してもらっていた。確かに最悪なのである。すべての悪条件は去年揃っていた。しかし、現在の彼女のお母さんはご健在。ではいったいなにがどうなっているのか?

ふとなにげに私は「それは~きっと○○が徳の貯金を積んでいたのかもよ~」と横やりをいれる。
そうしたら、てぃだ沖縄の和田さんは「その通り!」とのこと。占いは統計学、学問の世界で、こういう方向であるという言い方はできるが、そういうものを超えた人間の意志とか目にみえないエネルギー的なものが人間の運命を左右するということか。

彼女は隣で涙をうかべて、じつは母の体調が悪くなったときになんとなく嫌な予感がして離れないほうがいいような気がしていて、仕事も半年間置いたままにして母親に付き添っていたという。
魂的になにかを感じ取っていたのだろう。

私は「天に徳を積む」という仏教的な言い方をしたが、これも言葉を変えると波長の法則である。
人に対して無心で尽くす行為はかならずや自分に良い波動で帰ってくる。
彼女の両親に対する思いや行動はきっと人の目にふれることもなく、ただ陰でひっそりと心から尽くしていたことだろう。ただ両親はもう大丈夫なので、これからは自分の幸せを追求しなさいということだった。

が、当の本人はこれがまったくピンとこない。でもこれからはそういう運気に入るから、自分でそういうモードに入ってアンテナをきちんと設置しないと、幸せが目の前をスルーしていくという現象になるかもしれない。それも本人が最終的には決めることなので、やはり運命とは最初から決められているものではなくて、自分で決めていくことによっていくらでも変えていくことができるということである。

そこのあなた、悩んでる場合じゃないわよ、運命は自分で決めて行動することでいくらでもクリエイトできるんですぜ!

納得した私と彼女は「よっしゃ、まずは種まき種まきっ!」とブツブツつぶやきながらてぃだ沖縄を後にした...。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

May 15, 2005

またやっちゃいました

おとといから今日にかけてネットがなかなか接続不能の状態が続く。
おかげでメールのチェックもブログの更新もできなかった。

なんで?なにが原因?う~ん...。
ゴールデンウィーク明けでお金がないからみんなネットしかやることなくてアクセス集中してるのか?とか、いやいやもしかしたら隣国のサイバーテロに遭って古典的F5攻撃で鯖落ち(サーバーダウン)したのか?とかつまらぬことまで考えていたのだが....。

なんのことはない。
回線を調べると回線速度はサクサクスピード、ということは?あれっ!
よくよく調べてみたら、要するに私のモデムがフリーズを起こしていただけだった...。

あ゛~~~っっ!!!!!すみません。

二日間もメールを放置していると、ボックスの中が大変なことになっていた。
なんと62通。
もちろんエッチ系迷惑メールも入っているのだが。
「新規不倫奥様回転率№1!」とか、「マダムの夜のお相手」とか。ほんとに題名だけで笑える。
女性の私にこんなメール送ってどうするんじゃ!笑

ということで、すっかり復旧したので今からガンガン夜中までかけて、メールの返信をお送りします。
メールをいただいた方々へ、いましばらくお待ちを。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 13, 2005

クリアソープ

SOAP

どうです?このおいしそうなジーマミ豆腐.....ではありません。
じつはこれ石鹸です。
エ?見ればわかるって?

前回も書いたようにちょっと絶不調が続いていたときに、自分でセルフヒーリングというよりは、いっそ誰かに100%任せてしまおうと思い、ヒーリングスペースキングママに行ってきました。
私はクリスタルとの相性がいいので、いつもクリスタルヒーリングをお願いしています。
とても気持ちいいっす!

去年からずっとお世話になっているお店で、いろんなグッズを置いています。
で、買ってきたものがこのクリアソープ。

なんでもオーラの浄化にいいそうで、泡とともにいらない感情や邪気などが流れていくそうな。
毎日使っていますが、アロマの香りが良くて、気に入っています。
ほんとに浄化されているのかどうかは、目に見えないのでわかりませんが、それでも使い始めてからはずっと気持ちにバランスが戻ってきているので、いいかもしれません。
普通の石鹸を使うよりも違った感覚なので、バスタイムがまたまた楽しくなりました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 12, 2005

鯖が好き(サーバーではない)

いつもゲンキいっぱいの私でもたまには失敗して落ち込むこともある。
そんなときゃ、浴槽にお湯を張ってローズのバスエッセンスをいれて半身浴を楽しんでみたり、海岸を歩きながらぼ~っとしたり、カフェでたまっている日記を書きだめしたり。
これらは一見意味のない行動にみえて結構私のガス抜き、邪気抜きに一役買っている。
みなそれぞれ自分のガス抜きツールがあるかと思うが、大切なものは「本心や魂レベルで喜ぶことは何か」を考えて選択することのように思う。

最近頭の表層意識で考えることばかりやっていて、そういう大事なことをとんと忘れていた。
そうだ、私は料理が好きだった。
ということで、スーパーでボ~っと鮮魚コーナーを眺めていると、やけにキラキラした鯖が目にはいる。
で、つくったものが「さばの味噌煮」。

saba

青魚が好物の私は一年中さば、いわし、さんまの類を食べている。
血もきれいになるらしいね。
たまには身体にいいもの、心が欲するものを楽しんで作って食べることも、身体と心のクレンジングにいいかもね。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 10, 2005

たくさんの出会いに感謝

この仕事をしていてほんとに良かったと思う時は、いろんな人と出会えること。
最近は思いもかけない再会があったり、本土旅行ついでに、私のヒーリングを受けにわざわざこの中城村までたずねて来てくださった方もいらっしゃいました。Tさんありがとう!
ブログって素晴らしいなぁ!

気がついている方も多いとは思いますが、私はカウンセリングにはことのほか、かなりの時間を割いています。
お話を聞いている中で感じることは、話をしているご本人がお話をしながらご自分で気づきを得ていく方がとても多いです。そうすると自分の腑に落ちるので、心の底から納得して前向きに捉えて精神的に変化していけるので、その後の成長は早いと思います。そして、お話をする中で私もそういう方たちを目の当たりにして気づきが増えみなさんと一緒に成長しているという感覚が実感としてあります。そういった意味でも、自分の仕事は単なる人助けの仕事のみならず、自己成長にもなっていると思うとほんとにみなさんに感謝、感謝です。

そして....
レイキを受けて身体だけでなく、心境まで変化して、気持ちが安定してきた、物事がうまく運ぶようになった等々いろんな感謝のメールをたくさんいただくようになって、私の方がみなさんにゲンキをもらっているなぁと感じています。こういうメールをいただくとホントに嬉しく思います。
みなさんいつもありがとうネ!!

お知らせで~す!********************************************************************

レイキヒーリング講座受講生のみなさまへ

長らくお待たせ致しました。
来る5月22日(日)に第一回のレイキ交流会&勉強会を開催します。
本土に住んでいる受講生の方々には、ごめんなさい。
もし経済力と体力があれば沖縄に来てもらえればうれしいです。(そんな!)
レイキを学んでも実践する場がない、他の人はどういうやり方をしているのだろう、シンボルの効果的な使い方は?せっかく学んでいるのにレイキを忘れがち、などなどそんな方はぜひ今回の交流会で再度確認してください。
ブログ上では発表できないネタ等もお話できると思います。楽しみにしていてください。

※今回参加できない方も、毎月二回開催する予定にしていますので心配いりません。

期 日:5月22日(日)13時~
参加費:500円(軽食・飲み物代)
参加者:ファースト、セカンド、サードのいずれかを受講した方
内 容:レイキマラソン、レイキサークル
    願望達成のためのイメージ法
    レイキに生かす背骨調整法
    さまざまな体験による受講生のシェアリング
    受講生同士の遠隔実習
    楽しい心理テスト  などなど...
    
    その日のメンバーや私の気分によって(わがまま!)
    内容はどんどん変化させていきます。笑

参加希望の方はお早めにメールでご連絡くださいね。
みなさんで楽しくシェアしましょう!

| | Comments (6) | TrackBack (1)

May 07, 2005

爆笑!細木数子電波サクレツ!

ゴールデンウィークも終わったが、私はこの期間中は毎日お仕事をしていた。
で、何もないのもちと寂しいので、久しぶりに宜野湾のJAアロマという健康温泉ランドへサウナに入りに行く。(オッサンみたいだな)
実は私は大のサウナ好き。疲労回復ももちろんだが、美肌のためでもある。毛穴掃除にサウナはうってつけ。

ところで話は変わるのだが、そのサウナに入るとテレビがついている。その時ちょうどやっていたのがバラエティで細木数子が出て放言の限りを尽くすあの番組。普段見もしないのだが、サウナの中だと見たくなくても見てしまう。でもおもしろかった。ある意味なんの根拠もない支離滅裂な電波ぶりが視聴者に受けているのかも...と。

昨日の内容は「浮気をする夫をどうしたらよいのか」と相談する妻に対する答えというのがふるっている。
途中途中で水風呂に入るので途切れがちな内容なのだが、覚えているのは「浮気を繰り返す男性でやめたいと思っている男性は胸のところをマッサージするといい」という意味不明の珍回答に、あとは「どうしても浮気をやめない夫であれば、妻は高い生命保険を夫に掛けて外面だけ合わせておきなさい」とか。これって相談の回答?
その時サウナには私以外誰もいなかったので、ひとりで大ウケ爆笑していた。

ねぇねぇ、お願いだからさ~誰か彼女を止める人はいないの?

ゲストもみんな真面目な顔で聞いてる。それって仕込みじゃないの?この番組はやはり彼女の占い相談ではなくて、単なるエンターテイメントなんだろうか?そうか、もしかしたらこのハチャメチャな回答がこの番組の売りなのかもしれないと納得して水風呂に飛び込む姐さんであった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 06, 2005

喜びの再会

今日みえたお客さんとは久しぶりのとても嬉しい再会を果たした。
以前新都心の店舗研修にいたときに、一度だけ私のレイキヒーリングを受けた方で、その直後に私が独立したため、そのままになっていた。
その時かなり状態が良くなかったので、とても気になっていた。
もうすこしアフターしたかったのだが、その時私が所属していた店舗では私の思う通りに自由に振舞うことはできなかったため、非常に心残りであった。

ところがところが、その後彼女なんと私のブログをこっそり愛読していたという。
当然私がブログを書いていることは彼女にはまったく知らせていなかった。
その当時はまだ顔出ししていなかったので、同一人物とはわからなかったのだろう。
が、もしかして....という思いはあったらしい。
そうこうするうちにメールをいただき、私と同一人物であることを確認。
なんでも一度っきりの私から受けたレイキが忘れられなくて、コンタクトをとってきたという。なんと嬉しいカンゲキのお言葉!
そして本日、無事に喜びの再会となった。

もしこれがブログを書いていなかったらどうだったんだろう、きっと再会できなかったに違いない。
そう思うとほんとに書いてて良かったし、やはり縁とは不思議なものだとしみじみと感じた一日であった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 04, 2005

薬害エイズ事件

先日帝京大学の元教授(厚生省エイズ研究班長)安部英が亡くなった。
これで彼に対する刑事責任を問う裁判も終結することとなってしまった。

非加熱血液製剤がHIV(エイズウイルス)に汚染されていることを承知しながらも、その輸入・使用を継続し続け、結果として血友病の患者の多くの人々がエイズに感染、何千人もの人々が若くして命を落としていった。
厚生省はこの事実を知りながらも販売中止の指示もせず、症例隠し、事実の隠蔽、責任逃れを行なってきたことが明らかになり、多くの国民の怒りをかったことは記憶に新しい。

じつは九州にいる私の友人も被害者のひとり。
彼は出血すると血が止まらなくなる病気、血友病の持ち主だった。血友病は遺伝子の異常で血液凝固因子が欠如することにより、出血が止まらなくなる病気。仮に彼がどこかに膝をぶつけてケガをした場合、当然血が止まらなくなる。そこで血液凝固成分の入った血液製剤を打たなければならない。彼はいつもバクスター社のラベルの入ったビン、いわゆる血液製剤を自己注射していた。出血や関節の痛みがあるときは何日もこの血液製剤を打ち続ける。

この血友病というものがどれだけ大変な病気であったことか...。
彼にとっては歯の治療ですらも命がけであった。
親知らずを抜かなければならなかったとき、当時大学病院で特別チームまで編成された。
当時私は歯を抜くから少しぐらいの入院で帰ってくるものと思っていたのだが、結果3回の危篤状態に陥ってしまう。後で聞くと手術に入るドクター達の衣服はまるで宇宙服を着るように頭からスッポリと覆われ、目にはゴーグルまでつけられていたという。そのいでたちを見て彼は非常なショックを受けていた。「オレは人間扱いされていない」

しかし、その後知らされた事実はさらに私を驚愕させることに。
彼は例の非加熱血液製剤によるエイズウィルスに感染していたことがわかった。前述したドクター達の防護服もこの事実を承知していたがためであった。その時私はすでに沖縄に来ていたのだが、九州から送られてきた彼の国を相手取った裁判の記録と公判でついたてを立てたまま、被害者証言をする彼の悲しい気持ちを切々と綴った手紙を読んで涙が出た。
裁判は和解が成立し賠償も行なわれたが、それでも本人の体は元には戻らない。その間にも彼の多くの友人たちが若くして命を落としていった。それを目の当たりにして、血友病と薬害エイズとの二重の苦しみを味わわなければならなかったことを思うと、いかに当時の厚生省の罪が重かったことか。

特に安部は当時厚生省エイズ研究班の班長で、大変な権威があった。よって彼がツルの一声で非加熱血液製剤の危険性を指摘すれば、いくら製薬会社が文句を言おうとも、輸入・販売は中止できたはずだった。
ところが彼らは皆ウラで利害関係にあったために、利潤追求のために患者はどんどん犠牲にされていった。安部はテレビに出て、みずからを詭弁とウソで塗り固め、ひと事もわびることはなかった。憶えている人も多いだろう。
その安部がそのうちにとうとう老人性痴呆症にかかり、公判延期、そして死亡。
彼の罪はとうとう断罪されることなく終わってしまった。

ところで九州にいる彼はその後エイズ治療薬もどんどん開発されていったおかげもあり、エイズを発症することなく、免疫機能を維持しているが、やはり血友病という重い病気とHIVのキャリアという重荷を背負って生きることにはなんらの変わりはない。

ただ本人は悲壮感を漂わせて生きているというわけではなく、納得いかないまでも自分の運命を受け止めて、明るく生きている。いつも冗談ばかり言って私を笑わせる人なのだが、こうして書いているうちに久しぶりに彼の声が聞きたくなってきた。今日は一年ぶりに電話してみよう!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 02, 2005

エロ系はお断りよっ!

深夜、パックを顔に貼り付けたまま、ソファでうたたねしていた。(よくある)
急に携帯が鳴る。時間は深夜の1時30分。
しかも非通知着信!
普段なら取らないのだが、なにを血迷ったのか、取ってしまった。
たぶん寝ぼけていたせいもあるだろう。
取った瞬間に「あちゃっしまった」と思ったが、時すでに遅し。

 私「もしもし、もしも~し」
 だまっている。名前も名乗らない。
 男「あの...アロマテラピーとかやっているんですか?」
 私「どちら様でしょうか?お名前をいただけますか!?」
 そう何度も聞くが、口ごもって何も言わない。引き続き、繰り返すとやがて、
 男「○○といいます。ヒーリングとかアロマに興味があって...男ひとりでも大丈夫ですか?」
 私「いいえ、男性おひとり様は受けておりません。カップルかご夫婦でいらっしゃるのなら別ですが。」
 男「......」

なんだか懐かしい。
昔、固定電話しかなかった時代によくかかってきたエロ電話の声だ。
やたら受話器に近すぎて、声が緊張しているのか興奮しているのか、何言ってるのかさっぱり聞き取れない。
もちろん、普段のわたしは男性おひとり様をお断りしているわけではない。
が、この人明らかに「鼻息が荒い」のだ。爆!

それにこんな深夜にかけてきて、しかも非通知着信で「ヒーリング受けたい」って。
あり得るかいな。呆  下心バリバリやん。笑
そんな非常識な人はトーゼンお断りします。
夜の癒しやあらへんっちゅうに。

私がパキパキとしかもタンタンと受け答えをするので、男は圧倒された様子で最後は無言で切りおった。癒しの人だから、「あら~ど~したの~?」とやさしく接してくれるとでも思ったのだろうか。癒しは癒しでも私は体育界系の癒し人だ。どちらかというと、人をゲンキにする系。
ご期待に添えずざんねんでした。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »