« みなさんに感謝! | Main | K‐1ソウル大会 »

March 18, 2005

東京のセレブ

ここ数日、私を取り巻く人々の間にいろんな出来事があった。
考えさせられることが多く、いままでこれでオーケーだと思っていたことが実はそうではなかったという大ドンでん返しもあり、つくづく自分の直感で感じることの大切さを身をもって知った。

自分は去年の暮れ、とある東京のセレブと知り合いになった。
東京のセレブだけはあって、雰囲気も違い上品。
しかし、その会食の席で私が彼女に感じた第一印象は..。
「優しさも感じるけれどもどこか冷淡さがある..。なんだろうこの違和感?」
でも「いやいや、そんなはずはない」と打ち消していた。
ところがそれは当たっていたことが最近わかった。

知人夫婦を介しての紹介であったその人とは、その後何度も顔を合わせることとなった。
なにかそのたびに前述したような違和感が消えない。
私は人の波動を敏感にキャッチしてしまう方なので、そのたびに自分の固定的なその人のイメージだけを優先してしまい、自分の感覚はどこかに押しやってしまっていた。

最近その知人夫婦とは理由あって私の方から少し距離を置いているのだが、別の知人達から最近の様子を聞いて愕然とした。
あるプロジェクトが企画されていたのだが、そのセレブもその企画の中心人物のひとり。
沖縄には沖縄の中心人物はきちんと用意されていた。

最初は順調に見えたその企画は、お金がからんでくると一気におかしな方向に流れ始める。
そしてその東京のセレブは、私の沖縄の中心人物である知人にこういい放ったという。
「私は最初からこんな企画やる気がないのよ、第一あんな夫婦と一緒に仕事したくないの!」と言ったという。
その沖縄の中心人物はもちろん、その企画を知っていた私もそれを聞いて非常にショックだった。

というのもその知人夫婦とセレブとはほんとに公私ともに仲良くしていたのを見ていたからである。だったら最初からこの企画は私にはできませんと丁重にお断りするべきではなかったのか。一生懸命に企画に参画してきた人達の気持ちをどう思っているのだろうか?彼女はさらに「○さんが言うことを私が断れるとでも思っているの?とにかく私は嫌なのよ、関わりたくない!」という。

ではいままで親しくしていたのは見せかけだけで、ホンネは違う所に隠してうわべだけで接していたのだろうか。
東京のセレブってそういう付き合いをしなければ人と付き合えないのかもしれない。
考えてみればすごい低次元の世界に生きている人達である。
しかも感心するのはそういう付き合いをしていてよく疲れないのかなと。

つくづく人とは社会的地位の高さに目を奪われがちになるが、本当の真我の部分で人を見抜くようになれば、そんなものはまったく関係がない。
となりのおばちゃんと東京のセレブと、違うものはお金持ちで社会的地位があるかないかだけで、どちらが人としての幸福を満たしているのかは、その人自身の感覚によるものである。
そういう目で見れば何が本質なのか、となりのおばちゃんとセレブに大した差があるとは思えなくなってくる。
お金があって不調和、お金がなくても調和、私はお金があってなおかつ人や周りと調和して生きていきたいと思う。

東京のセレブさんには今回学ばせていただきました。
そして自分の最初に感じる直感の大切さを身をもって知りました。
ありがとうございました。

|

« みなさんに感謝! | Main | K‐1ソウル大会 »

Comments

久しぶりです。
毎日のぞいていたんだけど
更新されていなかったので、忙しいのかなって
思っていました。

カズさん。
人間って、すごく弱いものなんでしょうね。
多分、自分の立場が悪くなってくると
何か、誰かを引き合いに出して自分を正当化しようとする。私もそうかもしれない。

先日観て来た映画「RAY」で
レイ・チャールズのママが
麻薬中毒になった息子に語るんです。
「あなたは盲目だけど、成功した。
でも、今は心が盲目になっている。」と。

お金や物や地位や名誉に関係なく
心は常に素直に自分自身と向き合える人間に
なりたいと思います。

また、遊んでやってくださいね。

Posted by: TA | March 20, 2005 at 03:00 AM

TAKAさん、ゲンキ?
いつも、じゃないけど時々見てるよ。笑
頑張ってるじゃないっすか。

ほんとにね、この一件ブログの記事では冷静に書いているんだけど、ほんとは怒り心頭の内容なんだよ。
あまり中身については言えないんだけどね。
まさに、ワジタンッ!ってかんじ。笑
怒りのエネルギーはどうにかして消化して手放そうとしてたんだけどね~。
で、更新しきれなかった。

また今度会おうね。

Posted by: カズ@管理人 | March 20, 2005 at 10:50 AM

やっと今日、読むことができました(嬉)
携帯を残念なことに落としたので家から電話しましたです(苦笑)
世の中にはホント、残念な事に自分の欲のままにしか生きられない方々が殆どです。悲しいです(T-T)
愛に満たされない、親の〝ぬくもり〟を感じる事のできなかった赤子(あかご)時代を過ごしたからなのでしょうかねぇ~

Posted by: ohanacchi | March 20, 2005 at 11:41 PM

ohanacchiへ

もしかしてさっき着信入ってたのは?
そうだったんだ~。
今日は遅いので明日電話するよね。

もうね~、ほんとに勉強させていただきましたよ、今回の件は。
欲にかられて盲目になることの恐ろしさをこの眼で確認した一件でした。

Posted by: カズ@管理人 | March 21, 2005 at 12:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55035/3344443

Listed below are links to weblogs that reference 東京のセレブ:

« みなさんに感謝! | Main | K‐1ソウル大会 »