« 神の手を持つ男 | Main | 完全独立宣言 »

February 04, 2005

日本に萌え!

今朝エフエム沖縄を聞きながら身支度をしていると、ミュージシャン喜多郎のインタビューが聞こえてきた。
なんでも四国八十八箇所参りをして得たインスピレーションを基にして音楽を作ったという。

喜多郎といえば,アメリカを中心に活動してきたという印象が強く、いまさらなぜ日本ものに走っているのかな?と疑問に思った。
しかも四国八十八箇所参りなんて、寺フェチの私もいつかは行きたいと思っている場所。

聞くとやはり海外生活の中であらゆる人種や国籍の違う人々と接するうちに、あらためて日本を振り返ってみた.....というような事を言っていたように思う。
というのは、あまりはっきり聞いてなかったから。すんません、うろおぼえで。笑

それを聞いてああ自分と同じだなぁと思った。
私にとって十代の頃はアメリカが日本人よりも優秀で近代的でファッショナブルでという激しい思い込みとともにまた、あこがれの国でもあった。
通算3回ほどアメリカに渡り、その後アジア各国も仕事からプライベートまであちこち回るうちに、私の考えは一変した。

日本ってなんて素晴らしい国.....。

自分はこんないい国に育っていながら、足元をまったく見ていなかった。
海外に出てみるとほんとにそれがよくわかる。
私は海外に出るたびに、日本人の良さを再認識して帰ってくる。

日本人は自分の意見を言わないとか礼儀正しいが何を考えているのかわからないとか、それをネガティブな評価として論じられるが、私はそれが日本人の良さなのだと思う。
「和を重んじる」という伝統的な精神文化があってのこと、何が悪いんじゃっ。
アメリカや韓国のように意思表示をあまりにもはっきりすることがそんなに美徳だとは思わない。
でもそれはそれでいいではないか。
それぞれの国の文化なのだろうから。

私がいつも疑問に思うのは、日本人でありながら日本人をバカにする人がいかに多いことか。
そういう人はどんどん海外に出て行って、異文化に触れたほうがいいと思う。
そうして自分のアイデンティティを認めることができたら、他人のアイデンティティも尊重できるのではないか。

|

« 神の手を持つ男 | Main | 完全独立宣言 »

Comments

ども。HOTTAです。
大分も先日の大寒波で雪が降りました。
職場ある日出のほうは、みごとな銀世界でした。。

さて、今回の「海外に出て日本の良さを実感せよ!」
全く同感です。私も、海外旅行をして、他の国の人々に日本のことを聞かれて答えられなかった経験から 日本に興味を持ちました。

また、旅先で知り合う他県の人に、大分がいかにすばらしいところであるかを伝えるために 改めて大分を見直したのでした。

今では、日本も大分も自慢です。

Posted by: HOTTA | February 05, 2005 at 12:08 AM

わぁ~い、HOTTA~!
こないだはありがとう。
楽しかったよ。

そうだよね、HOTTAは世界中回ってるから、わかってくれるよね。
だって、お上に文句が堂々と言える国だし、明日のパンの心配しなくていいということが、どれだけありがたいことなのか、実感として海外に出ないとわからないよ。

大分は激寒?
温泉はいりたいなぁ...。私には温泉が必要。笑
ことしは別府ウラ八十八湯を制覇ですね。
頑張ってくだされ。

またコメントしてよね。


Posted by: カズ@管理人 | February 05, 2005 at 12:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55035/2799363

Listed below are links to weblogs that reference 日本に萌え!:

« 神の手を持つ男 | Main | 完全独立宣言 »