« キャンプの季節だ! | Main | 日本に萌え! »

February 03, 2005

神の手を持つ男

今日は早めに帰宅してテレビをぼーっと見ていた。
「これが世界のスーパードクター」という番組がとてもおもしろくて途中から吸い寄せられるように見入った。
福島孝徳さんという脳外科医がアメリカではあまりにも難しいオペをこなすので、サムライドクターとして世界的な評価を受けている。
いわゆる「神の手を持つ男」と呼ばれているらしい。
脳腫瘍というのは場所によっては、オペが不可能な場所がある。
脳というだけはあっていろんな神経細胞が通っており、万が一オペが成功したとしても麻痺が残る可能性が高い。

驚いたのはこの方の年齢。
六十二歳なのである。
普通、脳神経外科医というのは医師の中でももっとも優秀な医師でなければならない。
しかし脳外は一般的には年齢的に四十代後半を越えたら、オペの最前線からは一歩退くと聞く。
なぜかというと視力の低下が避けられないからだ。
でもこの方いまだに現役バリバリでオペを続けている。
すごすぎ。

ある日本人の巨大な脳腫瘍を除去するオペをずっと見たが、その腫瘍がゴルフボール二個分。
しかも何本もの神経と動脈を巻き込んでいる。
普通の医師ではお手上げだろう。
八時間以上もの時間をかけて、摘出した瞬間に彼は言った。

「神様、ありがとう。」

この福島医師は明治神宮の宮司の父を持つ生まれで、小さい頃から「人のために生きなさい」と教えられていたという。
だからいつも医者になっても毎朝神様にありがとう、ありがとうと感謝し続けてきたという。
患者に向き合う姿勢もとにかく、患者と家族の苦しみを救いたいという思いを使命感に変えているのがわかる。

命や心という眼には見えない無形のものを大切にする心を持つ医師、そして言葉を大事に使い、患者に対して癒しと活力を与える若い医師がもっと増えてほしいと思う。

|

« キャンプの季節だ! | Main | 日本に萌え! »

Comments

昨日僕もふとTVをつけたらやってました。
ほんと食い入るように見てしまいましたよ、、、

ありきたりな言葉ですが、ほんとにすごかった。

明治神宮生まれで、神様への感謝の気持ちを忘れずにってのもすごいなぁと思いました。

Posted by: だーしゃ | February 03, 2005 at 08:56 AM

おお、だーしゃさんも見てたの?
ホントすごかったよね~。
神がかり的なものを感じましたよ。

Posted by: カズ@管理人 | February 04, 2005 at 12:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55035/2787752

Listed below are links to weblogs that reference 神の手を持つ男:

» 最新脳外科手術にオドロキ/イラスト [ヒメディア 〜たまに絵ブログ。]
これが世界のスーパードクター世の中には、ものすごい人がいるものだ 先週、TBSの特番を見てびっくらこきました とくに脳外科手術の発展のすごさったら! ... [Read More]

Tracked on February 08, 2005 at 04:09 AM

» こんなドクターばっかりだったらいいのに。。。。 [ボソっと言ってみっか・・・]
ちょうど今、テレビで   世界のスーパードクター   って番組をやってます。   とくに、福島ドクターには感動しました... [Read More]

Tracked on March 09, 2005 at 06:28 PM

« キャンプの季節だ! | Main | 日本に萌え! »