« 風邪にはアロマ | Main | 夫婦のカタチ »

January 17, 2005

ドリームキャッチャー

今年に入ってから異常なくらいに私は夢をよく見るようになった。
というのは元来私はあまり夢をみないほうだったから。
なんでだろう、おかしいなと思っていたところ、先日ある経営者の方から興味深い話を伺った。

チベットの奥儀には「ドリームキャッチャー」という夢をコントロールして楽しむ秘儀があるのだという。
ぼーっとした状態で意識と無意識の狭間くらいのところで、まず自分が今夢を見ていることを自覚する。
これ自体が普通の人ではできないのだが。
そして空を飛びたい人は飛び、夢を自由に楽しむことが可能なのだという。

夢は潜在意識が見ているものだから、潜在意識の中に可能な限り自分のしたいことをインプットすることにより、現実に2~3年後に夢が叶うという。

であれば、今この現実はまぼろし、イリュージョンであり、今から自分で夢を好きなように思い描くことで、未来を自由にコントロールできるという。

その通りだなあと思う。

イメージできない夢は現実にはならないし、現実を嘆き、将来を悲観するればするほど、いつまでたっても変わることができない。
それでも自分はこの現実がたとえ悲惨なものであっても、絶対良くなると信じて努力を怠らない人は、現実に良くなる。
逆境をプラスに思考転換できる人は大物になれるゾ。

|

« 風邪にはアロマ | Main | 夫婦のカタチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55035/2599661

Listed below are links to weblogs that reference ドリームキャッチャー:

« 風邪にはアロマ | Main | 夫婦のカタチ »